そいる式英語学習の戦略「英語の推奨参考書と問題集」

英語の戦略チャート

 

高1生向けのおすすめ勉強法についてはこちら↓を必ず読んでくださいね。

推奨参考書&問題集

語彙力強化

語彙強化は基本的に学校から配布されるものでOKです。学校でも単語テストがあるでしょうし、あえて別のものを購入する必要はありませんが、配布がなかったり、使いにくさを感じたなら以下のものを購入してください。

英単語の暗記についてはこちらの記事をよく読んでおいてください。

システム英単語
必須
ターゲット1900やデータベース3000など他の単語帳でも可。1冊は必ず持っておくこと。当然1年生からゴリゴリやっていきましょう。
鉄壁
システム英単語を極めてセンター過去問9割超えた人はこちらへ。東大京大慶応上智など英語が激ヤバな難関大用です。基本ができていないのに持っているとイキってると揶揄されるのでくれぐれもご注意ください。

英文法

DUALSCOPE , be  ,  ジーニアス総合英語などの「総合英語系」参考書
必須
学校から配布されているものでOKです。これらは英文法の辞書なので、英文法を勉強するときは必ず持っておいてすぐに開いて調べるように!英文法を勉強する際に机にこれが置いていない生徒は嫌いです笑
この総合英語系参考書についている例文集を英作できるようにしていきましょう。英文法の理解にも役立ちますが、後述する英作文対策にもなります。ただし、ただ暗唱するのではなく、文法を理解したうえで文章を組み立てることができるようにしていきましょう。
成川の深めて解ける! 英文法INPUT
総合英語系参考書はお堅いので苦手という人にはこちらを。分厚いですがその名の通り深く解説してくれるので文法のもつ性質理解にはよいかと。私が学生講師ならこれを見て教える方法を勉強すると思います。
リード問題集Ⅰ・Ⅱ

必須

※塾専用教材(市販されていないので教室で購入してください) 

学校の英文法教材が問題数も少なくしょぼいので塾専用教材で補充しましょう。

英文法の基礎をⅠで、入試レベルまで高めるためにⅡを使いましょう。おすすめポイントは4択形式ではないバラエティに富んだ問題パターンと、何よりも各文法単元の最後に英文解釈のページがあります。

1年生や文法を基礎から学びなおす必要がある方は、学びエイドの「太田耕司のテーマ別英文法 」で予習→リードⅠのSTEP1~2を演習後、必ず英文解釈のページで構造分析&和訳という精読の基礎をやり込んでいくことで強靭な英語力が鍛えられます。

Ⅰが終わった人は必ず間違えた問題をもう1周してから、Ⅱへ。この2冊で基礎英文法は確実に完成します。必ず間違えた問題はやり直すこと。

 

英文法基礎10題ドリル
基礎レベル
全員必須ではありませんが授業でこの教材を指定された生徒は必ず購入すること。