そいる文庫

そいる文庫

【そいる文庫】認知哲学―心と脳のエピステモロジー(2011京産大公募より)

今日のそいる文庫は2011京都産業大学の公募推薦入試から。めずらしく評論文ネタ。テーマは科学哲学なんですがそのなかから問題で使用された古典的なテーマである中国語の部屋をテーマに私が考える「考える力」についてお話ししたいと思います。
そいる文庫

「そいる文庫(番外編)」私の心の中につもる遠藤周作の名言

今日はそいる文庫(番外編)。私がこのそいる文庫で入試問題の出典作を紹介しようとする理由がここに。読書は異なる価値観に触れる機会を与えてくれます。遠藤周作の名言から私が学んだこと。
そいる文庫

【そいる文庫】「小学5年生」重松清

本日のそいる文庫は中学入試の定番である重松清作品から小学5年生を。なんだか時期が時期だったので、読書感想文を書かずに中学受験を終えるみなさんへのメッセージになってしまいました^^;頑張れ中学受験性!
読書会推薦本

【そいる文庫】「宇宙のあいさつ」星新一(小学生の読書会)

今回のそいる文庫は新シリーズ。進学塾SOIL小学部で実施予定の読書会。その読書会で使用する本をご紹介しようかなと。ちなみに今回の「宇宙のあいさつ」に収録の「繁栄の花」は私が小学校の教科書で呼んで最大の衝撃を受けた作品。これほどまでに読書会入門な1冊はないと思いますのでこれでじっくりアクティブ・ラーニングしてみたいところ。ぜひ!
そいる文庫

【そいる文庫】世界一考えさせられる入試問題 ジョン・ファードン 

今日のそいる文庫はちょっと番外編。入試問題の出典作品ではなくオックスフォード&ケンブリッジ大学という世界に名だたる名門大学で実際に出題された問題を紹介したその名も「世界一『考えさせられる』問題」。アクティブラーニングが声高に叫ばれる現在の教育業界。本のレビューとともにその辺についても自分の考えをまとめてみました。
そいる文庫

【そいる文庫】「ニライカナイの空で」上野哲也(五ツ木京都模擬テストより)

本日のそいる文庫は「ニライカナイの空で」上野哲也。なんか聞いたことあるタイトルだなと思って調べてみたら入試問題ではなく五ツ木京都模擬テストの問題でした。ラストは涙なくして読めない良作。昭和のノスタルジーたっぷりで世代によっては「おったなぁ、こんなおっさん」となること間違いなし(笑)
そいる文庫

【そいる文庫】「青い棘」三浦綾子(2010立命館大より)

そいる塾長 どうも、そいる塾長です。 本日のそいる文庫は立命館大学2010の国語から。立命館大学はときどき第1問にがっつり小説の読解問題が来ます...
そいる文庫

【そいる文庫】「つめたいよるに」江國 香織(センター2001国語Ⅰより)

そいる塾長 どうも、そいる塾長です。 そいる文庫第4弾はセンター2001年の国語Ⅰで出題された「デューク」が収録された江國香織「つめたいよるに」。”泣ける”...
そいる文庫

【そいる文庫】「彼岸過迄」夏目漱石(2008センター試験より)

そいる塾長 どうも、そいる塾長です。 入試問題で出題された作品を読んでみるこの「そいる文庫」今回第3弾もセンター試験第2問から。今回は2008年の問題。...
そいる文庫

【そいる文庫】「キャベツ炒めに捧ぐ」井上荒野(2018センター試験より)

そいる塾長 どうも、そいる塾長です。 「読書の時間」本日は2018年、つまり前回のセンター試験国語の第2問で出題された「きゅうりいろいろ」が収録され...