6月1日より生徒募集再開!残り座席僅か!お急ぎください!
スポンサーリンク

小4&6年生募集中です!(&小学部からの継続組の中1がとんでもなく伸びたお話)

教室の日常
そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

とってもお久しぶりですが、今日は生徒のプチ自慢と生徒募集のお話です^^;

 

中等部・高等部は満席のため募集停止中ですm(__)m

上の写真はとある日の集団個別スペースの様子です。テスト前でもなくこの状況…^^;

高校生は自習室にて集団個別(こちらも満席)、授業は奥のスペースで(こちらも満席)…^^;

もはや改装して少しでも座席を増やすか近くにテナントを探すしかない状況です。

よって中学・高校生の一般募集は行っておりません。何卒ご容赦ください。

現中1生のクラスは4月の開講時点で満席御礼!
今現在すでに空き待ちの方もいらっしゃいます。本当に有難いことです。

入塾早々オンライン授業になってしまい、進学塾SOILが最も重視する「集団個別指導」が対面で実施できないのは残念で仕方ありませんでしたが6月に入り通常開講となり、集団個別式もスタート。現在は自学力をゴリゴリ鍛えております。

これにて開校1年目でありがたいことに、中等部及び高等部は全学年満席のため募集を停止しており、現在は空き待ちの予約のみ受け付けております。予めご了承ください。

ということで…

進学塾SOILは中学からは入塾できない塾(ここテストに出ますよ)
とめでたく相成りました(笑)

しかーし!
進学塾SOIL…なぜか小6生だけいないのです^^;
私が広報というものを全くしないので自業自得ですかね^^;
なお小5は満席(小5は募集しておりません、ごめんなさいm(__)m)、小4も現在少しずつご入会いただいておりますが、小6だけは…(-_-;)
というわけでただいま小学生、特に小6生を全力で募集しております。正直経営面では全く問題ないのですが、教務戦略としてはこの状況は最悪です。
小学生から仕込めないというのは小中高一貫塾としてはかなりピンチ…。今年の中1を見ていてもやはりそこは強く感じてしまいます…(;´∀`)
募集の詳細は最後に!

昨年度の小6生がとんでもなく伸びたお話

満席となってしまった中1クラスですが、そのなかで小6からの継続組は4人だけです。一人は冬から入塾なのですが、春の開校時~夏くらいから通ってくれていた3人が、この春の学力テスト(全国模試)で大きく成長した結果を見せてくれました。それが上の画像。

なんと中1最初の学力テストで最後に全員90点台にのせて、クラスのトップ3を独占してくれました。

なお70点台からアップした子はゴリゴリ系の塾から夏に転塾。そこからこの伸びです。

残り二人は春から。基礎の基礎から鍛え上げました。

いやー、嬉しかった。

SOILを開校し、「小学生にはこの形でやる」、と決めたことが間違っていなかったことを彼らが証明してくれました。

中1から入ってきた子たちと同じなら小学校からやる意味ないですからね^^;

とりあえず現状はクラスのメンバーに”格”の違いを見せつけてくれました。また授業時もやはり”核”となってくれています。彼らの指導しやすさといったら…。(とはいえ彼らも昨年は泣きながら帰ったこともあったのですがね^^;)

 

小学部で重視していること

SOILは小中高一貫。だからこそできることがあると考えています。これが実現すると、目先の利益にとらわれることなく、長期的視野で小学生の学習を指導することが可能になります。

最近どうしても世間の小学生指導が、理解を後回しにしてとにかく点数を上げてあげるという指導になっているような気がして仕方がありません。塾だけではなく、学校も。ミハジやクモワなんていうのはまさにこれです。

「苦手意識を持たせないために」という理屈はわかりますが、理解していないのに解けるということの問題点の方を指導する側が意識しないと結局問題の先送りになってしまうだけです。これも一貫教育ではない弊害。

SOILで、もしもそんなことをやろうものならば苦しむのは指導している自分です。小中高全部私が見るわけですからね^^;

その点、SOILでは非受験生オンリー。そして学校の進度などは全無視。学校のテストも全無視。私が必要と思った内容を必要と思う分だけたっぷり時間をとって取り組みました。時には算数で一日3問くらいしかやらないことも。それくらい生徒たちには頭を動かしてもらいました。

後半は中学受験の算数の問題。だれも受験しないのに(笑)。もちろん合格点をとらせるための指導ではない。ここがポイントです。

おかげで頭から煙が出るほど考える耐性が身に付いたと同時に、基本事項を、しっかり活用していくレベルまで高められたのが学力テストの結果につながったのは間違いありません。

もちろん彼らも最初は学習態度の改善からスタートしました。最初の方は隣で聞いている中高生が「先生小学生に厳しすぎひん?」なんて言うくらい厳しくやりました。姿勢や、問題に向き合う態度、宿題への取り組み方。滾々と言って聞かせました。

しかし基本的には笑顔が中心の楽しい授業だったと思います。どこかの進学塾のような課題攻めもやったことはありません。あくまで1問にとことん取り組んでもらいたいからです。

生徒の中にはその1問を3時間考えてもできなかったと悔しがる生徒もいたほどです。

非受験生、そして指導が目先の点数をおっかけない。だらからこそ点数にこだわらせるのは難しいのです。そんななかで学力テストで結果を出してくれた。

自然とSOILで求められている学習の姿勢を身に着け、学習の土台ができたからこその今なのです。

しかし、これは遅れれば遅れるほど本当に難しくなります。「小学生への対応をおなじように中学生や高校生にはできません」というのは常に言っております。

非受験の小学生だからできるのです。

小4くらいにはもうすでに決定的な”差”が生徒間で生まれています。それを補いながら、さらに中高で必要になる土台を作っていく作業なのです。

これはもちろんホームページの小学生コースのページでも案内しております。詳しくはこちらから。

 

募集中の小学部コース

中学トップ生を目指す一斉指導形式クラス
将来難関高校を目指す公立小学校の生徒(非受験生)対象の一斉指導形式のクラスです。
授業日は火・金 午後17:00~18:30の週2回。科目は英数国。
金曜日は隔週で授業後30分間の読書会を行います。
中学準備を目的としますが、安易な先取りは行わず、小学範囲で中高の土台となる知識・思考法・学習態度を構築します。また大量課題ではなく、あくまで自分で思考する時間を大切にする宿題。厳しいながらも楽しくなる
小4~6寺子屋個別コース
こちらの寺子屋個別コースは少人数制の集団個別方式で一人一人の理解度に合わせて授業を進めます。週1回から受講可能。月~金のなかから自由に受講日を選んでいただけます(小6は週2のみ)。
時間は各曜日午後17:00~18:30となっております(途中10分休憩あり)
小5は満席のため募集停止となっております。

いずれも体験授業・実力診断テスト受付中です!

体験授業を受付中です。お気軽にお問合せください。
また体験授業を受講された方には無料で実力診断テストを実施いたします。
本当に中学からで大丈夫なのか…、ご心配な方はこちらだけでもぜひ!

 

ということで久々のブログ更新はがっつり宣伝みたいになってしまいましたね^^;

本当なら年明けからの受験対策→春期講習でほっと一息のはずが、コロナ対応で6月に入りやっと一息といったところ。まだまだバタついていますがやっと落ち着いて事務机に迎えそうです。

本来は集客に必死にならないといけない時期を教務に集中させてもらえたのは保護者の方からたくさんのご紹介をいただき、満席にしていただいたおかげです。

心より感謝申し上げます。

ということで今後はぼちぼちブログも書いていけたらなと思っております。

今日はこのへんで!

コメント