新中1・新中2・新中3・新高1は定員間近!お急ぎください!
スポンサーリンク

京都公立高校中期入試難易度ランキング【2020年度入試用】

高校入試情報
そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

12月に入りいよいよ志望校を確定させる時期がやってまいりました。

ということで2020年度(令和2年度)入試に向け、公立高校の普通科の入試難易度を昨年度の入試結果からざっくりと合格の目安をランキングにしてみましたので参考にしてみてください。

あと皆様がお悩みの第2順位の目安も書いてます。よかったら。

中期選抜の入試の仕組み

まず簡単に中期選抜のポイントをおさらいしておきましょう。

合否判定

中期選抜では以下のような仕組みで得点化し合否を決定します。

中期選抜の仕組み

当日のテスト:英数国社理(共通問題)×40点=200点

学校評定:英数国社理+副教科(4科)×2(いずれも1年~3年までの5段階評価)=195点

入試得点合計395点

以下この395点が満点となる点数を「入試合計点」と呼びます。

下記内容ではこの入試合計点で説明しますのでまずは現在持っている内申点を上記計算方法で算出の上お読みいただけたらと思います。

その他細かな合否判定の方法は以下の記事で解説しております。

このように内申点の配点が約50%なので受験前から半分試合は決まっているわけですが、京都は合格最低点など明確な資料が出てこないので出願する際の目安がないという問題点があります。

学校の先生はもしかすると公開されていない資料を持っているのかな?なんて思ったりもしますが、持っているとは到底思えない進路指導をなさる先生が散見される現状、実際はそうではないのかなと思ったり…。

一方塾は自塾や各模試会社の追跡調査資料などをもとにボーダーラインを推測していくわけです。ちょっと毒を吐いておきますと大手の方が情報を、持っていると思われる方もいらっしゃるようですが、そんなことはありませんよ^^;

個人塾舐めないでくださいね、特に京都は( `ー´)ノ

しかし…

塾に通わないと志望校すら決められないこのような現状はあまりにも不公平。教育委員会はもっと情報を公開するべきだと強く思っております。

ということで本当は持っている資料全部ここに上げたいくらいなのですが(笑)、さすがに大人の事情で怒られそうなので、ざっくりと上記入試合計点での京都の中期選抜の合格ラインの目安だけでも書いてみようかと思います。

ただし以下で示す数値は最低ラインではなく安心ライン、つまり合格者平均あたりを示すと思ってくださいね。そして中期は内申点の配点が多きく、当日点との兼ね合いで個人の特性によりいろいろ事情が変わります。

そしてこんな記事を書いておいて言うのもなんですが、何よりこのような数字だけで進路選択を行うべきではありません。学校もそうですし、塾であっても進路相談をする先生がちゃんと生徒を見ていないようなところですと、今持っている数字だけで判断してしまいますが、ここからの伸び、つまり当日の得点を読める人に相談をしていただくのが間違いないです。そして

よく私のところにも会員の方以外からメールなどで進路相談が来ますが、こればかりは直接見ていない生徒に関しては全くわかりません。

ご家庭の事情で公立志向がどれほど強いか、通学時間の問題、校風、部活や将来の進路、その他個々の目的などすべて加味して判断をすべきものです。いや最終的に決めるのは生徒本人であって、「数字」が合格ラインだから受けろ、満たしていないから変えろというのは進路相談ではありません。

ということで保護者の方は進路相談の際の信頼度も塾選びの基準にしましょうね。

第2志望とは

「第2志望」は、あとで説明する「第2順位」と混同しやすいのでご注意ください。

第2志望は受験終了後(第1順位・第2順位の合否判定がすべて終了した後)、それでも欠員が出ている学校の場合のみ、再度合否判定をしてもらえる制度です。

そもそも欠員が出る高校がほとんどないのであまり気にしなくてもよいかと思います。

第2順位とは

こっちがとても大切。

公立中期の志望校決定に欠かせないのが「第2志望校」「第2順位校」。紛らわしいので簡単にポイントを。

※上記資料は京都教育委員会ホームページより抜粋
http://www.kyoto-be.ne.jp/koukyou/school-navi/detail/minasane.pdf

公立中期の出願時には第1志望とあわせ先ほどの第2志望を記入する欄があります。

さらに第1志望には第1順位第2順位校を書くことになります。ややこしいですね^^;

ここで登場する第2順位校とは第1順位校が不合格となった場合に特定の条件下で第2順位の学校の合否判定を行うというもの。

「特定の条件」を簡単に説明すると以下のようになります。

各高校はまず募集定員のうち90%はその学校を第1順位とする者だけで合否判定を行います。そして残りの10%は、その学校を第1順位とし、かつ上位9割に入らなかった者と、第2順位でその学校を志望する者の中から選抜する。
敗者復活戦のようなものですね。
これがあるのでいわゆる倍率が0.9より大きい場合、たとえ1倍を切っていたとしても必ずしも受けたら合格というわけにはなりません。完全なる定員割れのためには0.9倍を下回る必要があります。
ちなみに最後の10%の枠を戦うのはとても難しい。
難しさの原因はその10%の枠はほとんどの場合、上位校から流れてくる人たち、つまりその学校を第2順位に設定した上位層との戦いになるからです。
ということでなかなか第2順位をどこにすればいいか決めるのは難しいですね。ということで後半にその目安も書いておきますね。

京都公立高校中期選抜難易度合格の目安

2019年度の結果をもとに京都市・乙訓通学圏の中期選抜の難易度をまずは大きく難易度別にA~Dの4つのグループに分けてみます。といっても便宜上入試合計得点のきりのいいとこらへんで分けただけで、グループ内格差がものすごかったりしますがお許しを^^;

ちなみにグループ内の難易度順は「>」のマークで示します。この数が多いほど難易度が開いているということになります。

大体「>」一個につき大体入試得点合計の合格者平均が5~10点刻みくらいのイメージで。

最初に書いた通り、ボーダーラインではなく安全圏を書いていきます。
というのも倍率でボーダーラインはかなり動きます。倍率が0.1あがると5点くらい変わってくることも。
ということでこの数字がなければ合格しないということではなく、これだけあれば多少倍率が高くなっても大丈夫だろうという「安全圏」を示す数字です。実際のボーダーラインは学校ごとに異なりますが安全圏から10~30点くらいは下になるかと思います。これに関して合格ラインが高得点帯の学校はそこまで下がりませんが中堅以下になってくるとその幅が大きくなることもご留意ください。
ということで倍率が上がってもこれだけとっておけば…、もしくは受かる人の多くはこれくらいの数字をもっているよ、という点数を独断と偏見で書いていきます。
あくまで昨年度の結果から見たものなので予想が外れても一切の責任は負いませんので悪しからず^^;
あくまでこれは入試難易度を示すもので学校の優劣を示すものではありません。

では4つのグループ別に難易度を見ていきましょう。

Aグループ

堀川>>嵯峨野>>桃山≧洛北>山城

まずこのAグループは入試合計点の安全圏が300点以上のグループです。

しかし同じグループと言っても安全圏は堀川ですと350点、山城ですと300点程度と、ものすごい差があります^^;

堀川

堀川だと350点で安全圏。入試得点合計で88%近い得点がないと安心できないということになりますが、ボーダーもこの安全圏からほとんど下がらないですね。オール5クラスがわんさかいるなかで、例えば「3年間5科オール5、副教科オール4」の人は内申点が171点。となると当日は179点(各科目36/40点くらい)が必要になります。これでは1科目につき2,3問しか間違えられません。ここまで来るとミスしたら終わり…みたいな戦いですね^^;
当日170点をとれないならかなり危険水域です。過去問でこのレベルを確実に取れるように意識しましょう。なおこれは京都五ツ木模試では偏差値65は最低必要なレベル。

嵯峨野

嵯峨野では合計330程度あれば安全圏。内申160~170くらいの人が多い印象です。内申が170あれば当日160点の各科32点平均(京都五ツ木で60以上が目安)、逆に内申160程度なら当日170点(各科34点)でまず安心できるでしょう。

当日の入試問題が基礎的でみんなが高得点をとりやすく、天井が決まってしまっている中期選抜のいて、Aグループの合否にはやはり内申点がものを言い、当日逆転は難しくなる。

桃山

桃山で320が安全圏。内申と入試得点それぞれ160くらい。となると内申はオール4以上で当日は5科平均32点。嵯峨野のちょっと下というところですが、受験層の幅が嵯峨野よりも多少広い印象。ボーダーラインは嵯峨野に比べ安全圏から大き目で下がるのではないでしょうかね。オール4あるなら当日150くらいでもいけるかな…とも思います。

洛北・山城

最後に高倍率銘柄の洛北・山城の安全圏は300~310くらいになるかなと。前期の事前調査結果では山城が倍率をあげ、洛北が下がっており、今回の入試では中期でも昨年度と比べ洛北の倍率が下がり、山城が上がってこれまで通り均衡した状態になると予想。

「内申点はオール4以上」が代名詞のような2校ですが、「内申点がオール4」となると内申156点。となると当日で各科目平均29点くらい取ることが可能ならば安心ですね。これは京都五ツ木で偏差値60ギリ足りないくらいの人ならとれる点数でしょう。いくつか30点をこえる科目を用意できれば苦手科目があっても十分カバーできます。

ということで格差の大きいAグループですが、これらの学校ではオール4から上に行くほど5を増やす必要が増し、当日各科目30点/40点にプラスしたくらいの点数を積み上げる実力が必要になっていきます。


Bグループ

紫野>鳥羽>>日吉ヶ丘>>鴨沂

お次のBグループは入試合計点が250~300点ぐらいの集団。

ちなみにAグループとBグループの差はかなり大きいです。

この差が一向に縮まらないんですよね。そのためこのギャップにハマるレベルの層が私立の特進コースに流れていきます。

当日8割オーバーのような人はどうしても上位校の模試の判定だけは良くなってしまいますので、実力は届いているのに内申のためにランクを下げるのは…となってしまいがち。そこで内申点が関係ない私立に流れてしまうのは仕方がないことでしょうね。

このグループ間の「差」が大きいのは大学合格実績も同じですから…^^;

あとこのBグループはオール3クラスの子とオール4クラスの子が混在します。Aグループのところで書きましたが、「オール4は151」でしたね。ちなみにオール3は117点になります。

これを目安に見ていきましょう。

紫野

昨年倍率が上がった紫野は280が安全圏。

3年間オール3では内申点は117。オール3で紫野に突っ込むと160点(平均32点:80%)ほど当日とっていかないと安心はできません。つまりは嵯峨野志願者くらいの実力がないといけないということですね。基本的に3年間5科オール3の生徒が30点を平均で超えていくのは至難の業。簡単にとれる点数ではないですので非常に厳しいチャレンジになるでしょう。

あと内申点と当日点のバランスがあまりに低いと問題が出ることが…。詳しくは先ほども載せたこちらの記事を参考にしてください。

合格者の内申点平均は140くらいのようなので、少なくとも内申で130くらいは欲しいところですね。となると当日は130(平均26点)くらいあればギリギリいけるかなと。京都五ツ木で偏差値54くらいあれば内申130でも戦えそうですね。

鳥羽

鳥羽は270くらいで安全圏…かなと。昨年倍率1.0を切った影響で定員を減らしたため、前期の事前調査でも昨年より倍率が上がっていました。定員の9割ギリでほぼフリーパス状態だった昨年度より難化するのは間違いないでしょうから予想が難しいですが、例年なみの倍率になるならこれくらい。校風は正反対な2校ですがレベルは今や紫野よりちょっと入りやすいくらいで考えていいのではないでしょうか。

鴨沂・日吉ヶ丘

入試得点合計で240あったらまず間違いないだろうという鴨沂と日吉ヶ丘。

紫野との差は大きいかなと。

オール3の生徒でも当日120点(1科目24点:60%)以上で安全圏。確かに1科目で24点取るのもオール3の生徒にはなかなか難しいかとも思いますが、提出物ださない系の人で実力はあるような人ならありでしょう。模試の結果を見たり過去問を解いて判断していきましょう。

逆に内申が120くらいあれば五ツ木京都模試の偏差値が50に満たなくてもGOを出しますかね。当日100ちょいとれれば何とか…。

ABともに同じグループ内と言ってもこれくらいの差がありますのでくれぐれもご注意くださいね^^;

Cグループ

桂=洛西>塔南>北稜=北嵯峨>>向陽>乙訓>西乙訓

Cグループは入試得点合計の安全圏が200点~250点くらいのグループ。

桂・洛西

桂高校は前期選抜の事前調査で志望者数がかなり多かったので次年度入試ではBグループの鴨沂のレベルに近づく可能性がありますが、例年通りならこのCグループは鴨沂から10点~20点くらい合格者平均が下がり220あれば安全圏。ボーダーは200くらいと考えてよいでしょう。

塔南・北稜・北嵯峨・向陽・乙訓・西乙訓

ここまでくるとオール3の生徒でも安全圏が当日各科20点(5割)平均以下に下がります。一桁の点数をとるような超絶苦手科目がなければ基礎徹底で確実にとれる点数です。オール3に満たなくても(ただしオール2とかでなく)当日各科20点がとれるなら狙っていけますね。


オール3の生徒ならCグループ。より安全に行くならDグループの北稜、北嵯峨以下を狙うとよいでしょう。

Dグループ

東陵≧洛東>>朱雀>洛水

最後のDグループは安全圏の入試合計得点が200点を切ってくるグループ。

内申点がオール3に満たないけど絶対公立!という安全志向で受験するならここのグループしかないかと。倍率でラインがかなり動くのでしっかり見ておきましょう。

中期選抜「専門学科」の目安

職業系専門学科は定員の一部を中期選抜でも募集します。

その難易度を分かりやすいように先ほどの普通科のA~Dグループのレベルと合わせて目安としてまとめておきますね。普通科と悩んでいる人は参考にしてください。

ただし専門学科は倍率が動きやすく、それに伴い難易度も大きく変化しますのでご注意を。
Cグループ
工学院(まちづくり)>工学院(ものづくり)>桂(植物クリエイト)

この3つの安全圏に入るには入試合計点で200点以上必要になってくるかなと。

工学院の2つで桂の普通科レベル、桂の植物クリエイトで北嵯峨・北稜あたりと難易度が同じくらいと考えて問題ないでしょう。

Dグループ
すばる(情報)>すばる(企画)>桂(園芸ビジネス)>すばる(起業)

2019年度の入試結果を見る限りこのあたりは入試合計点が200点なくても大丈夫圏。すばる(情報)を除けば普通科よりも入試難易度は低いですね。といっても昨年度が定員割れしたりギリギリだったりで今年定員が変わっていたりもします。今年は難易度が変わる恐れがありますのでくれぐれもご注意ください。

第2順位はどこにする?

皆様お悩みかと思います「第2順位」どうすればいいの問題。

簡単なイメージでは先ほどの京都公立高校勢力図の一つ下、もしくは2つ下のグループから第2順位を選択すると合格可能性が高まると考えてよいかと思います。

しかしもちろん同一グループ内でも大きく差が開いていますのでグループ内の上位校を第1順位、下位校を第2順位にするということもあり得ますし、逆に下位グループを選択してもその差が狭いと難しくなります。

つまり基本的にはですが難易度の差を広げれば広げるほど合格可能性は高まると考えて問題ないでしょう。

ただし、第2順位志願者のライバルはその高校の第1順位志願者ではありません。事実上自分と同じく上位校から回ってくる人たち同士で残り10%枠を争うということになります。そうなると高難易度の高校であればあるほど自分の第1順位の志望校よりも上のレベルから流れてくる可能性があることを考えなければいけません。

例えば嵯峨野志望の人が洛北や山城、そして桃山あたりを第2順位にする場合、ライバルは嵯峨野志願者だけではなく堀川志望者だくらいに考えなければいけませんね。

とはいえ、実際の数字を見ているとトップ校の堀川は当然ですが、Aグループの残りの高校も第1順位の人が10%の枠をおおよそ半分くらいは専有しているようですね。

一方B、Cグループになると一気に第2順位の人が10%枠を埋めつくしている印象です。

当然第2順位にも人気不人気があります。あっちに出しておけば…みたいなのも出てきてしまう可能性もありますね^^; その辺は第1順位の倍率を参考にするしかないかと。

各校受験者、第2順位でどこを選んだ?

ということで以下学校ごとにどのような高校を第2順位にしているか2019年度の入試結果から見てみましょう。

Aグループ:堀川・嵯峨野

⇒桃山・洛北・嵯峨野・鳥羽など

このあたりですね。昨年なら鳥羽が安全圏。ボリュームゾーンは桃山・洛北あたりだったでしょうかね。なお不合格者の3割くらいは第2順位を志望せず私立に流れているようです。なお嵯峨野志望者は地理的に山城を第2順位にする人が多い印象。

Aグループ:桃山・山城・洛北

⇒鳥羽・紫野・日吉ヶ丘・鴨沂・洛西・桂など

この3つはだいたい同一レベルを志望しています。

公立志向の強い方がDグループを一部選択されているようですが、いわゆるBグループが半分、Cグループが半分という感じで、あとはそのグループ内から地理的に第1順位校と近いところを選ぶ傾向が強いかなと。

2019年度は倍率高騰で難化した洛北から、強気の山城を第2順位出願で2名合格が出ていますね。

Bグループ

Bグループになると第2順位はほとんどCグループ以下の難易度の高校になりますね。英語属性の強い紫野から1名、同じく英語属性強めな日吉ヶ丘回し合格が確認できますがこれはなかなかチャレンジングな選択かと。

なお鳥羽は倍率0.9倍だったため回し合格0です。

C・Dグループ

Cグループの選択肢はDグループのみ。同グループ内で第2順位を選んでも勝てていないですね。といってもそもそもほとんど各校倍率が1.0に近いため回し合格自体少いのですが。

Dグループは同一グループ内で第2順位を選ぶことになりますが、倍率により難易度がグループ内で変動するので、学校にこだわりがない人はたまたま倍率の高いところに出してしまう可能性を考慮して第2順位もしっかり選んでおきましょう。


第2順位の注意事項

最初に書いたように「第2志望」は欠員が出るのを祈るしかなく望み薄なので、公立志向の強い方は安全圏を模索しましょう。最悪私立でもという方は強気で出願もありかと。

ただし公立高校は第1・第2順位に関わらず合格すると入学が義務づけられています。ということで本当の第2志望が私立の方で出願時に私立合格が確定している方は中期第2順位を書かないようにしてくださいね。

「一応書いておいた方がいいと思って…」みたいなので後悔する人がときどきいらっしゃると耳にしますのでくれぐれもご注意ください^^;

最後に

と、いろいろ書いてきましたが、倍率で難易度は少し変わります。あくまでこの記事は目安にしてくださいね。

とはいえ、この記事を書いた時点で公立中期まで残り90日程度。倍率は気にせず自分の実力を少しでも上げることに集中した方ずっといい。

ということで以下、私が中期選抜の解説をしている記事がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいw

「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【数学】
2019年度京都公立高校中期選抜の数学を解いてみましたので各問題の感想などを。まだ過去問演習していない中3生のみなさんは一度解いてみてから読んでみてもらえると対策として役立つかもしれませんよ。
「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【英語】
2019京都公立高校入試【中期】の英語の問題を実際に解きながら書いた記事です。各問題の分析やアプローチの仕方、勉強法なども書いておりますので受験生の皆さんはぜひ参考にしてくださいね。
「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【社会】
2019年度(平成31年度)京都公立高校中期選抜の社会の問題を実際に解きながら実況中継風にブログにまとめました。昨年同様易しく、このレベルなら最低8割以上の高得点を取りたいところです。一緒に見てみましょう。
「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【理科】
2019年度(平成31年度)京都公立高校中期選抜の理科の問題を実際に解きながら実況中継風にブログにまとめました。この年は易化したね。このレベルなら最低8割以上の高得点を取りたいところです。
「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【国語】
2019年度(平成31年度)京都公立高校中期選抜の国語の問題を実際に解きながら実況中継風にブログにまとめました。今回は傾向と対策だけでなく読解問題に関しては苦手な人向けに詳しく解説を書いてみましたよ。国語の問題をどう解けば良いのか参考までにどうぞ。

頑張れ受験生!

今日はこのへんで。

コメント