2020年度(令和2年度)京都公立高校前期選抜の事前調査結果分析!倍率ランキングも!(1月18日更新!)

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

2020年度(令和2年度)京都公立高校前期選抜の事前調査結果が教育委員会から発表されましたので簡単に見ておきましょう!

※1月16日頃追加資料が発表となりましたので冒頭に最新情報を追記しております。

※2月7日確定出願者数が発表されましたので追記しております。

確定志願者数発表(2020年2月7日追記)

2020年2月7日に前期選抜の志願者数が確定しました。

以下のリンクからどうぞ。

2019年12月22日現在の志願状況(1月18日追記)

教育委員会のホームページでは発表されていませんが、「12月22日現在」の前期選抜普通科の志願者数が発表されましたので追記しておきます。
 

いつも通り倍率順にランキングにしておきます。

京都市・乙訓通学圏普通科のA-1方式倍率ランキング(12月22日現在)

高校名 2020年度 2019年度 増減
山城 6.65 5.94
鴨沂 5.63 4.92
5.17 4.88
鳥羽 5.04 4.07
向陽 5.03 4.83
紫野 4.91 5.03
北嵯峨 4.67 5.19
洛東 4.13 3.44
洛北 4.04 6.96
日吉ヶ丘 3.62 4.12
塔南 3.22 3.7
洛水 3.10 3.87
桃山 2.85 3.31
東陵 2.84 3
北稜 2.79 3.45
朱雀 2.62 2.77
洛西 2.51 2.74
乙訓 2.42 3.75
嵯峨野 2.19 2.08
西乙訓 2.03 2.37
堀川 1.25 1.5

 TOP3内で鴨沂と桂の順位が入れ替わりましたが、特段大きな変化はなし。

倍率が高すぎたところ(山城や桂など)から比較的低めだったところに移ったたため、さらに凸凹感が調整された感じです。

あえて言うなら堀川と嵯峨野がさらに倍率を下げています^^;

今年は前回の記事で予想した通りかなり「安全志向」ですね。

ということでこれ以上前回書いたことから付け加えることもないです^^;

11月10日の事前調査の時点で書いた記事が以下になりますので参考までにどうぞ。


11月10日現在での情報

※以下11月10日現在での情報をもとに書いた内容です。
詳しい情報は京都教育委員会のホームページから。全ての数字はこちらからの引用となります。
京都府教育委員会高校改革推進室・高校教育課

2020年度(令和2年度)京都公立高校前期選抜の事前調査結果

あくまでこれは事前調査結果です。

出願後の確定した数字ではありませんのでご注意ください。後でまた書きますがこれを見て焦って変更しても誰もが同じことを考えているということもお忘れなく(笑)

少子化の影響は続きます。少子化の影響で卒業予定者が411人減。それに伴い定員数も京都府全体で324人減1万1,735人募集となっています。

また、私立人気は継続で421人増。それにともない公立志願者数は(普通科と専門学科などあわせ)910人減となっています。

以上が教育委員会発表の資料となりますが、今年は倍率ランキングTOP5が掲載されていませんね^^;

ということで以下に京都市・乙訓通学圏のみとなりますが、わかりやすく昨年度の実質倍率と比較したランキングを作ってみました。重ね重ね言っておきますが2019年度の数字は確定後の数字ですが、2020年度は事前調査です。今後動きますのでご注意を。

倍率高っ!低いところに変えようかな…

これ考えるのはみんな同じですからね…^^;

なお数字は手打ちしましたので間違っているところがあれば教えてください^^;

京都市・乙訓通学圏普通科のA-1方式倍率ランキング

 

順位 高校名 2020年度 2019年度 増減
1位 山城 7.31 5.94
2位 6.26 4.88
3位 鴨沂 5.60 4.92
4位 向陽 5.43 4.83
5位 鳥羽 5.38 4.07
6位 洛北 5.00 6.96
7位 紫野 5.00 5.03
8位 北嵯峨 4.71 5.19
9位 日吉ヶ丘 4.13 4.12
10位 洛東 3.71 3.44
11位 塔南 3.13 3.7
12位 洛水 2.97 3.87
13位 桃山 2.93 3.31
14位 東陵 2.91 3
15位 北稜 2.77 3.45
16位 乙訓 2.69 3.75
17位 朱雀 2.65 2.77
18位 洛西 2.43 2.74
19位 嵯峨野 2.36 2.08
20位 西乙訓 1.82 2.37
21位