要約力を鍛える!小学生のための「お話プレゼン」

そいる塾長
そいる塾長

ご無沙汰しております、そいる塾長です。

夏期講習で忙殺されておりました上、お盆休み中に体調を崩してしまい、結果ブログを書く時間も気力もありませんでした^^;
ということで本日は久々に、SOILの小学生向け夏期講習の狙いのひとつである「要約力」についてのお話です。

小学生の朝学習

SOILの未来を背負う小学生のみなさんには、かなりSOIL色強めなカリキュラムで算数や国語に取り組んでもらっておりまして、もっともっとこのブログで紹介していきたいところではあります。

夏休みにおこなった朝学習でも色々とやったのですが、それについてはまた次回にでも書くとして今回はその中でも私が重視した狙いの一つをご紹介します。

私はなぜか小学生の「夏期講習(非受験)」に関してはどうしても通常期とは違うイベント性というか非日常性を持たせたいと考えています。

小学生です。受験するわけでもないんです。本来なら塾に来るよりももっとやるべきことがある、なんて言ったら怒られるかもしれませんが、私は通常期に行っているような授業をするためだけなら小学生に夏期講習は不要だなと考えています。

しかし同時に通常期にはなかなか行えないことができるのも夏休みなんですよね。学校の宿題の自由研究や読書感想文もそう。ああいった課題の出し方にはいろいろと思うところがあるのですが、あれらも同じく非日常性を帯びた学びだなと。

そういうものにはそういうものなりの良さもあると思うのです。それがああいった課題の出し方をするせいでただの面倒なタスクになってしまうのはもったいない。

同じようにせっかく夏休みに塾へ来るなら、いつもより少しでもいいから勉強を楽しく感じてもらいたい。この楽しさはやはり勉強に対する能動性のきっかけになります。そしてそれを夏休み明けの通常授業にもつなげていきたい。そんな思いですね。

ということでSOILの小学生の夏休みはちょっとそんな非日常性を持たせながら、ただし遊ばせるわけでは決してなく、あくまで通常期からの授業のターゲットを補完するようなもの(つまり決して遊ばせるわけではない)を行いたいと思っているわけです。

そんな変な縛りを勝手に設けてやっているのが小学生の朝学習会(笑)

こんなことできるのは本当に小学生の時だけなんでね。

ということで何やるべきかは本当に悩むわけですが、そんなことを前提に講習内容についてアレコレ考えているとき、Twitterで目に飛び込んできたのが以下で紹介する市販の教材でした。

おはなし推理ドリル

それがこの「おはなし推理ドリル」シリーズです。