「そいる塾長が解いてみた」2019年度京都公立高校中期選抜【国語】

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

前回の数学に続き、今回は2019年度京都公立高校入試中期選抜の国語です。今回は国語が苦手な人向けにちょいと丁寧に読解問題の解き方・攻め方について解説してみましたのでどうぞ。

では2019年3月6日に実施された京都公立高校中期選抜国語の問題を解いてみました。

解きながら書いていきますので、全体の感想・難易度は最後にまとめますね。

国語は数学などよりも出題傾向により雰囲気が変わり、得点にも影響しますので、まずどのような問題がどのような配点になっているかのチェックと各問題でどのように勉強していけばしっかり得点できるか確認しておきましょう。

今回は特段難易度が高い問題はないのですが、このレベルの読解問題が解けない国語が苦手な方向けに、文章での説明なのでわかりにくいとは思いますし、私の指導を受けている人でないと何を言っているのか分からない部分もあるとは思いますが、私が実況中継風に実際に解くときの手順や頭のなかの動きを解説として書いていきます。よかったら参考にしてみてくださいね。

問題と解答はこちらから↓
2019年京都公立高校中期選抜国語の問題と解答

 

本日は第1科目の国語。

全体概観

第1問が古文、第2問は現代文といういつもの形。問題数も20で変わらずです。

生徒にはどんなテストでも開始直後に全体確認するように口酸っぱく指導していますが、今年も全く変化なし。

そして昨年度の解説でも書いたように今年も「正解を2つ選べ」形式の内容一致問題はなし。なぜ消したのかはよく分かりませんが…。

また継続しての傾向としては太郎くんと花子さん(今年は加奈さんも参加)が本文内容をご親切にまとめてくれる形式は続行。公立入試ならではの事情で古文はこういうのもありかなと思いますが、現代文はどうなんでしょうかね。不要な気もします。まぁ、これを本文理解の手助けにすれば要旨をとるのが苦手な人には助かると思いますので上手く使っていきましょう。

第1問:古文

「古今著聞集」からの出題。鎌倉時代の説話集ですね。世俗的なお話がメインでストーリーが明快と、高校入試の定番です。行数で言うと昨年が6行と歴代でも飛びぬけて短かかった分、今年の12行は単純に倍なので多少長く感じるかもしれませんが、あくまでこれくらいがデフォルトです。

高校入試定番の説話なので、説話読解のポイントである「エピソードからこの話の何が”おもしろい”のか」というところくをしっかり捉えるだけのお仕事です。

しっかり高得点を狙いたいところ。設問も平易なレベルなので満点を狙いたいところですね。

古文が苦手な人へアドバイス

苦手な人は必ず最初に(4)の恵里さんと優一くんの会話部分を読んでおきましょう。

ここを読めば少なくとも以下の内容が本文を読まずとも読み取れます。

  1. 「上六大夫」がトキを射落とす際、射るのを遅らせた。
  2. それを「兵衛の尉」が不思議に思う。
  3. 射るのを遅らせた理由はトキの羽の状態を配慮して水に濡れないようにしたから。

ここまでわかれば要旨は読めたも同然なので、あとはこの話につながるように未知語や文法を文脈で補いながら読んでいきましょう。

(1)主語の推測

難易度(標準)

古文では超重要となる主語の推測問題。
ここまでで登場人物が「兵衛の尉」・「上六大夫」・「下人」と出てきており、「下人」を挟むのは面倒ですが、問われているのは基本的に「質問」→「応答」という会話での「言う」「聞く」の部分ですし、そもそも(4)を確認しながら登場人物にしっかりマークしてすべての述語(動詞)に対してひとつひとつ逃すことなく主語を判別していけば難しい問題ではありませんね。
古文を勉強する場合は普段から常々「主語」をしっかり意識していきましょう。

(2)解釈

難易度(易)

「いづれか」を知識(といっても古文の知識ではないですが…)で、「こがれる(焦がれる)」は文脈判断で容易に解けるかと思います。

(3)現代仮名遣い

難易度(易)

定番の現代仮名遣い。とても易しい問題。

(4)要旨

読解の際に(4)にお世話になっていれば本文を読み進めながらA・B・Cの空欄補充は容易にできるかと。

この形式が苦手な人へアドバイス

苦手な人は、内容から❶捜索範囲を決定(今回は時間の流れに沿って、トキを射るまで、射た後くらいの感じで内容を分けましょう。)→ ❷空欄前後のキーワードをもとに古語で対応する言葉を探す。

こんな感じでテキパキ解けます。そこまで難しくないので苦手意識を持たないように過去問で練習してみましょう。

① 難易度(易)

問題文では「の上空」の上が空欄Aとなっているので「上六大夫」がトキを射るまでの前半部分から「上空」に対応する語句を探せば「うへ」という言葉の発見は用意。あとはその上の字数を数えて終了です。

② 難易度(易)

①と同様、空欄補充の解き方に従い解きましょう。
問題文では空欄Bの上が「もし射るのを遅らせなかったらトキが」となっているので、トキを射た後の部分から、主語がトキであることをもとに「上六トキがどうなるか」の部分を探しましょう。
なお「水にぬれることになる」は空欄Bの後ろに書いてあるので、「射るのを遅らせる」→空欄B→「水にぬれる」という流れを考慮しましょうね。つまり「射た後にどうなったら水にぬれるか」を考えろということですが、「射るのを遅らせる」→空欄B→「水にぬれる」を本文で確認するとちゃんとこの順で登場しているので容易に抜き出せると思います。
③ 難易度(易)
空欄Cは恵里さんが最後に主題について述べている部分ですので、説話ならではのエピソードが何を伝えるためのものかを考えれば即答できるかと。
本文では(ア)「教え」ていないし、(イ)「勝負」していないし、(ウ)鳥に「情け」はかけていないので簡単に消去法で解けますね。
しかしそもそもこれは古文の問題ではなく(4)の恵里さんと優一くんの会話の読解問題になってしまっていますね^^;

第2問

今年も高校入試の標準レベルと言える評論文。

火をテーマに現代社会が抱える問題について文化と自然という観点から考察していく読みやすい内容です。

(1)漢字

難易度(易)

今年も基礎レベルの「拡」散。このレベルが中3で入試対策に漢字練習をしないといけないのはまずいですね。

(2)読解

難易度(標準)

オーソドックスな傍線部の理由を問う問題ですが、前提部分の読解に関して二項対立(対比構造)を読み取れているかを尋ねる大学入試のセンター試験を意識したかのような問題構成ですね。個人的にこの問題は好きです。

とはいえ難しいことはなく、傍線部が第1段落の最後の一文で、段落の結論部分にあたるのでそこまでのキーワード標識語(キーワードがどのような文脈で用いられているかを示す言葉)に注意しながら丁寧に読んでいけば分かりやすい問題です。

逆に標識語を意識せずキーワードが本文に「書いてあるか」で判断をする「検索」だけで国語を解く人には難しい問題。

選択肢がどれも同じように本文のキーワードでてんこ盛りにされているのでどれも正解のように見えてしまうのではないでしょうか。とくに(ア)(ウ)で迷った人は危険です。感覚だけで本文を検索(書いてあったかどうかの確認)するような解き方をするのではなく正しい読み方と解き方を身につけましょう。

せっかくなので決して難しい問題ではないですが、国語が苦手な人のために「シンプルに読解し問題を解く」方法をこの問題で簡単にご紹介しますね。

この形式が苦手な人へアドバイス

苦手な人はまずキーワードにマーキングをしながら読みましょう。そして問題を解く際には選択肢の文章にも本文でマーキングしたキーワードが登場すれば同じくマーキング。

そのうえで本文と同じ方向を示す標識語で選択肢の文章が構成されているかを確認することで、はっきりとどの選択肢にがあって、どの選択肢が本文の要旨と同じ構成になっているかちゃんと理解したうえで解けると思います。

ポイントはキーワードがどのような文脈で使われているかですね。

苦手な人は思考をシンプルにするためにも、そのキーワードは「良い意味で使われているのか、それとも悪い意味なのか」といった風にキーワードを標識語をもとに対比させながらニ項対立形式でキーワードを仕分けする感じで読んでいくとわかりやすいですね。

この第1段落では「社会の発展」・「文明の歩み」・火の「拡散」・「専門家」「集中化」「快適」「安全」というプラスの属性(人類にとって「良い」意味で使われているということ)をもつキーワードが並んだあとに「一方」という標識語があるので、それ以後に登場する「巨大化」・「複雑化」というキーワードはマイナスの要素だとわかります。

そしてその後の部分でも「関わらず」という標識語を用いて「人類の能力は増大」というプラスの要素「個人のもとから遠ざかり」「一人ひとりの能力は縮小」というマイナス要素が対比されて書かれていることが分かりますし、そして何よりそのマイナス要素との並びで傍線部が登場するので、まずこの問題が「文明が発展したことによる”マイナス要素発生”の理由」をたずねているのだということが分かります。

このように段落の要旨をキーワードと標識語からとっておくと選択肢の選択は非常に楽。この時点で選択肢の述語部分がマイナスになっていない(エ)は確実に消去されます。

あとは細かなところで何がマイナスなのか、を自分の本文へのマーキングをもとに確認すれば「個人のもとから遠ざかり」「一人ひとりの能力は縮小」であることは容易に判断できるので、述語で「能力」の話をしていない(イ)は消去できます。

そして述語部分が同じく⁻マイナス要素である「能力」の低下について述べている(ア)(ウ)に関してはその能力の低下というマイナス要素が「全体」か「個人」かで容易に判断できますね。

と文章で解説したのでわかりにくいとは思いますが参考まで。

(3)接続詞

難易度(易)

①が逆接だと容易に見抜けるため、②が「つまり」「では」という識別しやすい2択になり簡単に解けるかと。
接続詞の問題は逆接から考える
苦手な人はこれを徹底するとある程度正答率が上がります。
接続詞の問題は大学入試でも一部出題されますが、あくまで読解において重要ですので一度各接続詞の用法を一般化して頭にいれておくのと、各接続詞を使う例文をアウトプットできるようにしておくことで用法を忘れても例文から一般化された用法が思い出せるようにしておきましょう。

(4)漢字(読み仮名)

難易度(易)

畏怖ですからね。読めてほしいところ。

(5)文法

難易度(易)

本文での用法を確認しなければならないものの、名詞連体詞の基礎で難易度は低い。定期テストでちゃんと文法の勉強していれば事足ります。

(6)読解

難易度(易)

(2)とは異なり、傍線部直前の要素(「未来志向型」と「今の時間を手段化し、犠牲にし…」)2つでパシッと選べるので非常に難易度は低いです。

傍線部が特に一部分にのみ引かれている場合、その一文の残りの箇所に重要な解答要素が用意されていることが多いので傍線部を延長しよく確認するようにしましょうね。

(7)語彙

難易度(易)

「平衡」の意味を問う問題ですが意味を万が一知らなくとも「安定した平衡状態」の「安定」の意味を文脈からとれば分かるし、選択肢を吟味していけば「つりあい」=「均衡」という言葉が連想できても解けますね。

(8)熟語の成り立ち

難易度(易)

熟語の構成を尋ねる定番問題ですが、例年に比べても難易度は低いサービス問題。

(9)読解

難易度(標準)

傍線部が「この現実」と指示語形