スポンサーリンク

【謹賀新年】新年のご挨拶と”運”についてのお話

進学塾soilができるまで
そいる塾長
そいる塾長

あけましておめでとうございます。

2020年も頑張ってまいりますので何卒よろしくお願い申し上げます。

2019を振り返る

言うまでもなく2019年は私にとってSOILの開校にともない激動の一年でした。数日で終わってしまった感すらあります^^;

昨年のお正月はこんなことを書いていました。

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。何も考えずに書き始めたら2019年一発目のブログは思った内容と違うものになってしまいました。今年やりたいことのお話ですが元日くらいはお仕事のお話は抜きで(笑)

仕事以外で言えば、ここに書いたことはほとんど達成できましたね。

  • キャンプ
  • 釣り
  • カブトムシを捕まえる
  • 自分の子どもに勉強を教える

キャンプはもう完全にハマりました。

平成最後の日に念願かなってキャンプデビューのお話
GW特別企画(笑)ということでそいる父ちゃんのキャンプ日記シリーズ始めます。今回デビュー戦となった初キャンプの模様をお届け。誰に向けて書いているのか分からない余談中の余談ですがよかったら!

(「スプリング日吉 キャンプ」で検索するとこのブログが1ページ目に出てくる…^^;)

別のキャンプ場で「カブトムシを捕まえる」にチャレンジしましたが残念ながらカブトムシは捕獲ならず。その一方で、SOILの教室でクワガタを捕まえてしまうという…^^;

あと釣りもはじめました。3000円くらいの玩具の釣竿でスタートしましたがちゃんと釣れましたw

そして長男が塾デビュー。

とはいえ「うんこドリル」やっているだけですが…^^;

話題の「うんこドリル」を塾の人がガチで見るとこうなる!
話題の「うんこドリル」を自分の5歳になる子どもに買ってやらせてみた感想です。親としてだけでなく、ガチの塾の人目線で見た感想を(笑)そしたら良い点と悪い点両方が見えてきましたよ。というお話。

開校初年度だけあってやはり休みはなかなか取れず子どもたちには寂しい思いをさせましたしかみさんにも迷惑かけっぱなしでしたが、それでも中身の濃い休日を満喫できたかなと。

昨年の抱負でした「家族第一」が達成できたかはわかりませんがその思いで過ごしてきました。子どもが大きくなってきて一緒に楽しめることが増えてきました。もちろん一緒に楽しめる時期は限られていますが、その日が来るまでは全力で一緒に楽しみたい。てことで今年の抱負もプライベートは「家族第一」。これは変わりませんね。プライベートが充実しないと仕事にも集中できないですからね。

そういえば塾長仲間の”四兄弟”の家族で集まってBBQするという夢も叶いました。

この日は本当にめちゃめちゃ楽しかった(*´▽`*)

昨年もたくさんの塾長先生方にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。今年もたくさんお会いできると嬉しいです。

こうして昨年は仕事もプライベートも充実していたのであっという間に1年が駆け抜けていった感じなのでしょうかね。

とはいえ、塾にとって本当の意味での新年は”新年度”。まだまだこれからが2019年”度”のクライマックス。現在も冬期講習真っ最中ですし、お正月3日間の休養を頂いたらまた年度末まで「あああああ」って言いながら駆け抜けますw

ということでSOILの2019年を振り返るのは3月くらいにするとして今日はひとつだけ。

”運”試し

開校前、全国各地のカリスマ塾長たちとお話しする機会を頂きました。色んなアドバイスをいただきましたが、最後に必ずみなさんが口をそろえておっしゃる成功のキーワードが何と…

これには参りました^^;

私は個人的に勝負事を「運」に頼るのが嫌いです。そんな自分の力でなんともできないようなことを要求されても困るのです。何より準備しようがない。だから基本スタンスは…

運を引き寄せることができるよう、できる限りの準備をする
話がそれますが受験生の皆さんにも、お正月に激込みの北野天満宮に参拝するのはおすすめしません。私もお正月休み中は行きません^^;

体調管理は万全に!運をコントロールするという考え方
受験生はデリケートな時期に入ってきました。インフルエンザという怖い言葉もよく耳にする季節です。受験当日体調を崩すのは不運だとしてもそんな運をできる限りコントロールするよう努めましょう。そして体調管理に関しては他人に迷惑をかけないように配慮することこそが自分を守ることにもつながるというお話を高校入試大学入試当日に高熱を出した私が書いてみましたよ。

お正月の大混雑のなか有名な神社でご利益をもらうよりもインフルエンザもらいそうですしね^^;
受験までまだ日数があるので混雑がおさまってからゆっくり行ってください。それまでは神頼みよりもしっかり体調管理しながら勉強しましょう。

ちなみに私はただいま前厄…。今年は厄年です(;゚Д゚)
基本的に神様信頼していませんので「神様が君には無理だ」と言ってもやってやるくらいの気持ちでしたがあそこまでカリスマ塾長たちから言われてしまうと…やはり気になる…。

ということで昨年はめずらしくおみくじなんかを引いてみたのですね。

北野天満宮で初詣&合格祈願
こんな時期になってしまいましたが学問の神様、菅原道真公が祀られている北野天満宮へ初詣に行って参りました。昨年度関わった全生徒の合格を祈願して。

この記事でおみくじについて書いていたのですが、みなさんはおみくじの内容とかおぼえてますか?私は完全に忘れていました^^;

こうやってブログ書いていると色々振り返れて良いですね。

で、そのおみくじがこちら。

結果は「吉」でしたが、事業「信心と努力が稔ります」と書いてありました。

ま、「稔らない」といわれてもそんなの関係なかったですが。「信心」は自分を信じる、「努力」ここまで塾業界でやってきたこととそのときやっていた開業準備を信じると解釈し、結構嬉しかった記憶が甦ってきました^^;

あと「待ち人来る」とも!ただいま来年に向けて調整中ですが期待度大の社員が獲得できそうでして…。

うん、今考えると結構おみくじあたってるやないかと(*´▽`*)

ありがたいことに開業以来生徒数は順調に増え、年末には開校以来60人目のご入会を頂く運びとなりました。まだまだ利益は出ていませんがなんとか路頭に迷うこともなく塾での指導に専念できる状態は維持できております。

もちろん開校に際してできる限りの準備をしてきたつもり。しかしながらそれでも全く足りなかったことを痛感する日々です。できていないことだらけ。思っていたことの半分もできていません(;´∀`)

逆に感じるのは自分の「運」の良さ。

もしかしたら突然病気になるかもしれない、事故にあうかも、それとも思いもかけない災害が…それはわかりません。

しかし少なくとも昨年私は「運」に恵まれた。

そう思えたのはなによりもSOILでの生徒たちとの「出会い」

開校するにあたり、新たに0からのスタートです。誰も自分のことを知らない場所で一からのスタート。何より心配だったのが「生徒が何人来るか」よりも「どんな生徒が来るか」ということ。

前職で出会ってきた生徒たち。彼らと一緒に教室を創ってきたと思っています。私が創ったわけではないのです。

それはSOILも同じ。私一人が創るんじゃない。生徒と一緒に創る。

だから本当に心配でした。自分が求める教室をまた一から創れるのか。

そして現在、まだまだ完成には程遠いですが少なくとも生徒たちと一緒に少しずつ教室をつくっていけている気がしています。

本当に良い生徒たちに恵まれた。この時に感じたのが「運」。

もしかしてカリスマ塾長たちがおっしゃっていた「運」というのはこういうことなのではないのかと。

自分一人で塾を創ってきたのではない感覚。自分の力ではどうしようもない部分が出てくる。だからそのどうしようもない部分を「運」と呼んだんじゃないのかと。

開校前個別相談会始まる(開校前個別相談会のご予約が20件達成)
本日より開校前個別相談会がスタートしました。まだまだ教室は完成していませんが本格的に進学塾SOILが動き出しました!

これが3月8日の記事。

早いものでこの個別相談会初日に面談した高3生の女の子がつい先日、第1志望の京都教育大に合格し、SOILを卒業しました。面談で出会ったのが昨日のことのように感じる一方、もう何年もSOILで指導してきたような感覚。

この子と面談しているとき体の中に熱いものが流れて来たのを覚えています。自分が「運」というものを持っていると感じた瞬間でした。

「この子はSOILの核になる」そう面談しながら強く思ったのをはっきりと覚えています。

成績はE判定からA判定に伸び、無事第1志望合格。しかしその結果以上にこの子がSOILで私がやりたかったことを見事に体現してくれました。つまりSOILという教室を創ってくれた生徒の一人でした。

本当に感謝しかない。

その後、ありがたいことに彼女のような生徒が他にも小中高すべてのカテゴリーにたくさん来てくれました。そして未熟な私をその保護者の方々が支えてくださった。

チラシは結局開校時以来つくっていません。今在籍する生徒の半分は会員のご紹介。お陰様で苦手な集客活動を(費用面でも)0にできました^^;

こうやって今のSOILがある。

圧倒的感謝!

どうしても今のSOILの教室を私自身がつくったとは思えません。やはり彼らが一緒に創ってくれたのだと思うのです。

出会いは「運」。そして私にはその「運」があった。強くそう思うのです。

だからこれから(厄年の2020年は特に)何かが起ころうとも、私が最も大切しなければならないのは「一期一会」。そのためにも自分がブレることなく彼らの期待に応えていくことに心血を注いでいきたい。

それが新たな出会いを生み、SOILという場を進化させていくのだろうと思うのです。

それが運を引き寄せるということ。できることはそれしかない。

激流にのまれるようにすごして来た一年。大晦日の夜にふと立ち止まって夜空を見上げて思ったことです。


本当はこの記事は年末にアップする予定でしたので「ありがとうございました」で終わろうと思ったのですが、すでに2020年になってしまいました^^;

今年SOILはさらなる進化を控えています。その辺はまたいつか。

まずは年度末まで全力で走る。私も生徒も全員笑顔で新年度を迎えられるように。

これがSOILを一緒に創ってくれた彼らへの感謝を伝える私にできる唯一の方法だと思っています。

今日はこのへんで。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
進学塾soilができるまで塾からのご案内
スポンサーリンク
そいる塾長をフォローする
京都市北区紫竹の進学塾SOIL(そいる)

コメント