【ZOOMとiPad Proの可能性】オンライン授業に挑戦してみる

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

遠方在住のご縁のある方からZOOMを用いたオンライン授業をさせていただけるかもしれない機会を得ました。まだ実施はしていませんがちょっと色々やってみた感想と私が考えるオンライン授業の可能性についてiPad Proの使用感とあわせて書いてみます。

ZOOMでオンライン授業

昨日とある方よりZOOMを用いてオンライン授業ができないかとのご相談をいただきました。

ご依頼いただいたのは実際にお会いしたことのある方ではありませんが、いつも私のブログを呼んで頂いている塾の先生で私の指導方針などはうっすらとでもわかっていただいている方ですし、その方もどういう考え方で指導されているかある程度こちらも理解しているということもあり挑戦してみようと思っています。

あ、その先生に指導するんじゃないですよ(笑)指導するのは高校生です。

これまで何度か業者さんとのやり取りでいわゆるオンラインミーティングというものは使用したことがあるので、ぼんやりとできるんじゃないか?という感覚はありました。

Studyplus for schoolの方とのやり取りが全部これ。実際に営業マンの方が教室に来てもらうのではなく、日時を相談の上PCの前に座るだけでいいのが画期的だなーと思ったわけです。

教室に来てもらって…というのは負担がデカい。ご挨拶みたいなの…、正直苦手です^^;

特に担当がコロコロ変わる業者さん、そのたびにご挨拶にって来てくれるんですが、どうせ関係つくっても来年別の人が来るんですよね…。正直かなり面倒…。時間とられるし。

ということで私としてはかなり好印象だったZOOM。特に画面共有して実際に操作している画面を見ながら説明を聞けるのは非常に良いなと。

これなら今私が授業でやっているようにプロジェクターにiPadの画面を投影しながら授業するのと同じ感覚で出来るんじゃないかと。

実際Twitterを見ていてもこの形で指導している塾さんや先生もたくさんいらっしゃいます。

私は完全に遅れていますね^^;

なら分からなければ聞けばいいか!ということで昨日の深夜、早速ZOOMのアカウントをとってiPadとスマホ、PCを使って一人オンラインミーティングやってみました(#^.^#)

気になる点はふたつだけ

とりあえずオンラインでつなげるところまでは非常に簡単。

あらゆるデバイスからの対面ミーティング | Zoom
ライブ メッセージやコンテンツ共有の機能をデスクトップとモバイルから利用できる、最新のビデオ通話です。 ミーティングのレコーディング、注釈、出席者による投票参加などの機能をご利用いただけます。

画面共有もPDFさえ用意しておけば簡単にできますし問題を見せながら、双方向で書き込めたりするのは授業としては非常に使いやすいかなと。

上の画像はZOOM上でPDFを開いて書き込んだ状態。

ただこれだとページを変えても書き込んだ部分が残るんですよね。これをいちいち消さないといけないので国語や英語なんかで複数ページを頻繁に切り替える必要がある場合は別のアプリを画面共有した方がいいのかなと。

‎GoodNotes 4
‎GoodNotes 4
金額: ¥980
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット
  • ‎GoodNotes 4 スクリーンショット

この辺のアプリを画面共有すれば事前に準備もしやすいし直接書き込めるのでページを変えてもいちいち消す必要もなく、授業後もそのまま書き込みが残せるのでPDFでエクスポートして後でメールでポイできるかなと。

なのでこれは問題なさそうですね。

気になる点①:遅延

まず気になるのは遅延。ネット環境にもよるでしょうが、実際の書き込みから相手の画面に反映されるまでほんの少しだけタイムラグが発生するときがあるような。そしてそのラグがこちらからは確認できない。

例えば式を書きながら説明していても相手の画面にはその式が遅れて表示されると見ている側にはストレスにならないかなというのが心配なところ。

あとこれは仕様ですが、例えば大切な箇所に線を引く場合、引き始めてから引き終わるまでがは相手の画面に反映されない。書き終わりのペンを離したタイミング(変更が完了したタイミング)で初めて相手の画面に完成版が反映される感じですね。

教室の授業でも「説明→生徒の理解」というところにはそもそもわずかなラグがあります。

ここで新たに「説明→表示の遅延→生徒の理解」となると結構指導する感覚を変えないといけないかなと心配になるわけです。

気にし過ぎかな^^;

教室では生徒の動きや表情を見ながら授業をコントロールするわけで、ZOOMでも顔を見ながらの方がやりやすいですね。ただその辺隅っこに表示される生徒の表情をチェックしながら授業ができるかは練習が必要かも。

カメラ映像を右下じゃなく右上とかに表示できるんかなこれ…。ま、色々やってみます。

iPad ProとZOOMはめちゃめちゃ相性いい感じ

iPad proとZOOMはめちゃめちゃ相性いいのでは?という感想。いつも授業している感覚と変わらないですね。個別指導で手元のボードに板書して生徒に見せているような感覚。

こないだの創心館での授業で初の実戦投入したiPad Proですが、授業に動画作成、このオンライン授業にその他もろもろ…。もう活躍し過ぎで私にとっては正直PCよりもコスパは上ですね。早くもなくてはならない存在に。(ちなみに私が買ったのは250GBのモデルです。)

これがなかったら今回のオンライン授業は受けてなかったかな。

あと私と同じように授業で使用するなら容量は置いておいてもやはり12.9インチにすべきかなと。授業で板書するならデカいのは正義ですね。

あとアポーペンは必須です。

そういえばWordpressも5.0になってiPad Proでの更新が格段に楽になりましたね。これまでエディターが追従しなくて使えねーって思ってたら解決されてました。これでまた一つPCでないといけない理由が減りましたね^^;

となるとこのキーボードも必須と。

となるとまぁ圧倒的にその辺のPCより高くなるのでそりゃ使えないと意味ないんですがね。

あ、一応こないだ先にiPad Proを買った先輩の藤わら先生と話してたんですが画面にはるフィルムも重要です。

これ1枚で書き心地と画面の見え方が変わるかなと。後者は慣れの問題かなと思ったのですが後者はかなり違う。

ちなみに私が貼ったのはこちら。

ClearView(クリアビュー) Apple iPad Pro 12.9 2018年モデル用【 書き味向上 ペーパーテクスチャ フィルム】液晶保護フィルム 紙のような 描き心地 日本製