そいる塾長が解いてみた【嵯峨野コスモス2019前期選抜の国語】

そいる塾長

そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

今日は2019年嵯峨野コスモスの国語を解きながら実況中継風に解説と講評を書いていきます。

傾向と対策を知ってしっかり準備していきましょう!

嵯峨野コスモス2019国語の傾向と対策

100点満点試験時間50分で、ここ5年の出題傾向を見ていると大問4~5(小問は30前後)。第1問が現代文の評論で第2問が小説、第3問は古文というのが定石。ここに変更ななさそうですね。

50分で大問3つはかなり時間的にしんどい。問題自体はそこまで難しいものではありませんが、50字や70字指定の記述問題があるなかでこの分量を50分で解くのはかなりの高速処理が必要になるのは間違いないかと。

過去問演習で時間配分をしっかり体に覚えさせておきましょう。

  • 第1問:20分
  • 第2問:15分
  • 第3問:15分

これくらいがオーソドックスな配分かなと。もちろんこれは個人差があるのでこの通りでなくても問題ありません。

2019年度の合格者平均は合格者平均は専修で72.3、共修で73.9。ここ5年は年度により5割~7割とふり幅が大きい印象。

会員専用ページで動画解説が見られるようにしております。視聴にはパスワードが必要です。

難易度については、あくまで嵯峨野コスモスを受験する生徒にとっての難易度であり、嵯峨野コスモスの問題内での相対的な評価です。他の専門学科の難易度や共通問題の難易度とは基準が異なることをご理解ください。

簡単に言えば…

  • 難易度:易  →解けないと絶望
  • 難易度:標準 →解けたら合格ライン
  • 難易度:やや難→解けると差がつけられる
  • 難易度:難  →解けなくても気にしなーい

という感じにしております。あくまで個人的な見解ですので悪しからず。

問題はこちらから↓
嵯峨野こすもす_2019_国語問題
高校発表の解答例はこちら
嵯峨野こすもす_2019_解答

ちなみに市販されている嵯峨野コスモスの過去問ではこちらがオススメです。

では早速解いていきましょう。

第1問:現代文(評論)

第1問は現代文で評論。文字数は公立中期選抜などと比べると2倍弱と長め。ふだんから同じくらいの分量の文章で練習しておきましょう。

問題を解く手順としては、まず1回最初に最後まで通して読みましょう。これをすると時間がないという方がいらっしゃいますが、これをしないから設問ごとに時間がかかり時間が足りなくなりっている可能性が大です。

この分量であれば通読は速くて5分。もう少し遅くてもいいくらいです。

正直このレベルの問題であれば、ちゃんと読めていれば問題自体はノータイムで解答できます。

本文をちゃんと読まず、問題を読んでから解答要素を検索するように本文と問題を何度も行ったり来たりしているから余計に時間がかかるのですよ。
  1. タイトルを確認
  2. 1回目、マーキングしながら最後まで通読し主題を抑える。
  3. 問題を読んで、該当箇所までマーキングした語句をつなげながら読み直し。
  4. 解答

この流れがもっとも効率がよく時間はかかりません。

なお最初に出典(タイトル)をチェックしておくと最初の通読時に主題が取りやすくなりますね。

今回はこちら。

生物学的なお話しかな?と意識しながら読むかどうかは少しでも役立つかと。本文最初の前提部分では主題の内容が出てこないことが多いので本論とつなげられない、本論が出てきたことに気が付けない人もいますからね。

なお会員向けには読解編解法編と分けて会員ページに解説動画を載せてあります。この記事とあわせて参考にしてください。読解編を見てもらえればいかに最初にちゃんと読むかが大切だと分かると思います。

(1)難易度:易 漢字

漢字は書き取りではなく大学入試のセンター試験と同形式の同じ漢字を含む熟語を選ぶ問題。

「口頭」「命運」と平易なレベルなので落としたくない。ふだんから語句を漢字の語義からイメージできるように覚えていきたいところですね。

(2)難易度:易 漢字の読み

「促す」「雇った」とこれまた非常に平易なレベル。落としたくないところ。

(3)難易度:易 慣用句

「しのぎ」を削る。難易度は低い。

ちなみに「しのぎ」は「鎬」と書き、刀の刃と峰の間の盛り上がった部分のことで、そこが削れるほど激しい切り合いをするという意味から「激しい争い」に用いられるようになった慣用句です。

(4)難易度:標準 読解(記述式)

問題文の空欄を埋める形で、本文の前提部分(序論)の主題をとらえているかを尋ねる問題。

二項対立構成の分かりやすい部分なので、キーワードをしっかりマーキングしながら仕分けして読んでいれば瞬時にどの要素で書けばよいかは判断できると思います。

またその際に問題文の空欄前に「歴史書に書かれている出来事や人物だけでなく」とあるので、ここから「人物」・「出来事」に対応する2つの要素を入れて書くことに気が付けるかが大切です。

そこさえわかれば「無名の人」「何気ない日常」という要素を入れるのは容易かと。

動画の読解編のように読んでいれば問題見る前にこの要素はしっかりマーキングできていると思いますので、ちゃんと読めている人にとっては1~2分で解ける問題ですね。

(5)難易度:標準 読解(選択)

国語の問題を解くうえで大切な「傍線部の分析」をしっかり行えば瞬殺できる問題。

今回は傍線部に「最初から大きな歴史の一部」という表現があり、この「最初から」に対応する要素があるのは(エ)の「長い歴史の一部として始まり」の箇所のみ。

  • (ア)は「これから形成されていく歴史に大きな影響」とあり(エ)と真逆の内容。
  • (イ)は文末の「でしかない」が本文の趣旨と異なる。
  • (ウ)は「コントロール」できないと本文にある。

こうやって各選択肢の傷を確認しながら消去法で解いてもいいですが、正解の選択肢が光ると一気に時間が節約できますね。

(6)難易度:標準 読解(選択)

「対角毛づくろい」について問う問題ではありますが、ここで押さえておきたいのは本文の本論である「生物進化が持つ歴史的な側面」を主張するうえでの重要な要素である「偶然」というキーワード。本文後半に嫌というほど登場しますね。繰り返し登場する言葉は当然重要。
これがマーキングできていて、最初の通読時にしっかり頭の中にセットできているかを確認しましょう。
これができていない人はそもそも読解ができていないので「解く」ではなく「読む」方を見直しましょう。
さて「偶然」という要素を抑えられている人は即座に「偶然」というキーワードがふくまれていない選択肢(ア)と(ウ)は容易に切れると思います。
残る(イ)と(エ)はエ)が同じ世代に広まるという内容になっており(イ)にある「代々継承されていく」という論旨ではないので容易に切れるかと思います。今回は「歴史」のお話ですからここは簡単だったかと。

(7)難易度:標準 空欄補充(適語選択)

選択肢の語句自体は評論文を読解するための必須語ばかりです。万が一この中に意味の分からない語句があるのであればしっかり理解しておきましょう。

現代文の空欄補充問題は苦手な人が多いですが、もし苦手なら目線を変えましょう。

もしかして空欄に語句を入れ、空欄前後の一文を読んで自然かどうか…なんて解き方はしていませんか?それでは絶対に解けません。

空欄補充問題は段落の要旨を抑えられているかが重要

空欄(X)なんてまさにそれで、この空欄のある段落は、その前の段落から主題は「社会的な時間の流れ」です。「社会的な時間の流れ」にいるの人間だけではないということこそ筆者の主張。落としたくない問題。解説動画の読解編では最初に読んでいるときに正解が見えてしまっていましたが、あのように大きく段落で意味をとるように読んでいきましょう。

(Y)に関しては生物の進化に歴史的な要素(偶然性)が含まれることを説明するための例えとして書かれているQWERTY配列についての説明部分。空欄前の数段落はQWERTY配列が市場の大部分を占めているのは偶然によるものであり、最も使いやすいからわけではないという趣旨。この「最も使いやすい」ということの言い換えとして「合理的ではない」という記述が本文にありますのでちゃんとマーキングができていたら瞬殺です。これまた問題を見る前に解説動画の読解編で読んでいる間に解答が分かってしまっていましたね。

(Z)は前段落までのQWERTY配列についての内容が、人間の歴史の中での偶然性を示すどのような側面かを考える問題。本文の主題に関係ないところでり選択肢がなければ難しい問題ですが、他に紛らわしい選択肢がないので消去法でいきましょう。

(8)難易度:標準 論述

最後は70字の論述。最後の問題でQWERTY配列について書かせるの?って感じはしますよね。あくまで先ほどの問題でも確認したQWERTY配列が生物の社会的な歴史の例として用いられていることに留意しながら本論の趣旨であるチンパンジーの社会についての内容を意識しながら書きましょう。

そうすると、本論の冒頭で登場したグールドの主張である「歴史には『偶然』と『そうであることの強み』が伴う」という2点を要素として記述するという基本方針はすぐに立つかと思います。それを踏まえて最後から2番目と3番目の段落あたりでこの2点の言い換えになっているところを解答要素として70字でまとめれば満点がとれます。

  • 偶然が重なってQWERTY配列が主流となった
  • それに皆が慣れていき、それ以外が使われなくなった

この2ポイントですね。

第2問:現代文(物語文)

第2問は物語文。評論とは違った読み方が必要。特に注意すべきは心情表現と、心情変化を伴う場面展開です。とはいえ必ず最初に通読を。

出典は恩田陸「蜜蜂と遠雷」