そいる塾長が解いてみた【嵯峨野コスモス2019前期選抜の英語】

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

今日は2019年嵯峨野コスモスの英語を解きながら実況中継風に書いていきます。

傾向と対策を知ってしっかり準備していきましょう!

※ちなみに最後にこういう英語を勉強するうえでとっても大切なことを書いたつもりなので最後だけでも読んでみてくださいね。長いですが^^;

嵯峨野コスモス2019英語の傾向と対策

100点満点試験時間50分大問6(小問は26)。第1問はリスニング。ここで大体10分くらい使うので残りの大問5つに40分。そのうち第2問と第3問が長文問題。特に第2問の長文が公立中期・前期などと比べても2倍以上の長さ。ここで時間を取られると絶望が待っているので、後半の小問や英作系の得点ポイントをしっかり押さえながら、長文をいかに速く読んで解答できるかがカギ。こればかりは普段から長めの英文を読む習慣をつけて、さらに過去問演習で相当時間配分の訓練をしておくべきです。

ただ2019年度は合格者平均は専修で56.0、共修で56.9と合格最低点が5割台。ここ数年は6割台を推移していたのでちょいと難化していますね。満点を狙うというより得点すべきポイントを落とさないような解き方が勝利へのカギかなと。

あとはリスニング。かなり難易度が高い。

なお過去問の音声データは有料ですがここからダウンロードできます。

赤本(中学入試・高校入試過去問題集) の英俊社

(さすがに音声をここにあげると怒られそうなのでお許しを…)

会員専用ページで動画解説が見られるようにしております。視聴にはパスワードが必要です。

難易度については、あくまで嵯峨野コスモスを受験する生徒にとっての難易度であり、嵯峨野コスモスの問題内での相対的な評価です。他の専門学科の難易度や共通問題の難易度とは基準が異なることをご理解ください。

簡単に言えば…

  • 難易度:易  →解けないと絶望
  • 難易度:標準 →解けたら合格ライン
  • 難易度:やや難→解けると差がつけられる
  • 難易度:難  →解けなくても気にしなーい

という感じにしております。あくまで個人的な見解ですので悪しからず。

問題はこちらから↓
嵯峨野こすもす_2019_英語問題
高校発表の解答例はこちら
嵯峨野こすもす_2019_解答

ちなみに市販されている嵯峨野コスモスの過去問ではこちら↓がオススメです。志望校なら最新版は購入しておきましょうね。

解答に幅がある問題は赤本や学校発表の模範解答とは異なるものをできる限り書くようにしますね。

では解いていきましょう。

第1問:リスニング

第Ⅰ部 難易度:やや難

250語くらい。ちょっとした長文くらいの量の英文を通しで聞き取らないといけません。

まずリスニングが始まる前に最初に選択肢を見て聞き取るべき内容を抑えておきましょう。

  • (1)日数
  • (2)クラブの種類
  • (3)日数
  • (4)日付

このように質問で聞いてくる内容が細かいのでしっかりメモを取り切らないといけませんが1回目は質問の内容が分からないので、まず大きな話の流れを取るようにして全体の構成を抑える。メモをとるなら細かな情報よりまずはこの構成です。

今回ならこんな感じ。

  • 英語クラブ
  • アメリカからメール
  • 日本に来る
  • 日本について学びたい
  • イベントをやる
  • ボランティアが必要

ここから1回目の質問を聞き取ります。そして質問内容をメモと照らし合わせ2回目の放送でどのあたりに情報が出てくるかを意識しながら細かな情報を抑えていく。ここが勝負ですね。

  • (1)アメリカの高校生が日本を訪れる日数
  • (2)アメリカの高校生が所属するクラブの種類
  • (3)アメリカの高校生が日本を訪れる前に日本の文化について学ぶ日数
  • (4)町を観光する日付

与えられた情報から考察して…みたいな難しい問題ではないので該当する箇所さえわかれば聞き取ったまま答えられる問題ではあります。

オススメの練習方法

練習方法としては中学生向けのリスニング演習では物足りないので、CDなど音声付の標準レベルの長文問題を音声だけ聞いて答える練習が手っ取り早いかと。

この辺だと高校入試入門レベルの文章レベルでちょうどいい分量の英文が音声付。※最後に紹介しますが構造分析も載っているのでおすすめです。

ただしこのレベルの長文を止まることなく音読して全体が読み取れない人はリスニングをする前にまず音読。止まらずに音読してそのまま意味が取れるようなレベルにしないとリスニングは不可能です。

つまりノンストップで余裕でリーディングができるレベルにならないと、同じレベルの英文を聞き取るなんて無理ってことね。

この辺りは最後にまとめて書いてありますのでぜひ最後まで読んでくださいね。

第Ⅱ部 難易度:易

こちらはよくある会話の最後の部分を埋める問題。

会話文として複雑なものではないですし場面や内容の推測は容易。選択肢もまぎらわしいものがないのでこちらはしっかり得点したいところ。

この問題に関しては聞き取れていないのか、それとも会話文特有の場面の推測ができていないのか考えましょう。もし後者ならしっかり対話文の問題形式をまずは筆記で(読んで)できるようにしましょう。

第2問:英語長文

物語文を読んで内容一致問題と自由英作系の問題が出題される第1問。

出典はこちら。

一部読みやすいように改変されていますね。

(1)難易度:易 内容一致

全部で7つの内容一致問題です。

本文の文章レベルも高くはなく、正解の選択肢もひねっておらず本文の内容そのまんまなので該当箇所を見つけるのは容易で難易度は低い。正解できるかよりいかに速く読んで解けるかが問題。

本文の内容順で問題も構成されているので、問題を先読みして該当箇所を探しながら読んでいくのが最も効率が良いかと。

1.

本文冒頭部分。特に第5パラグラフの最後の分に正解の選択肢の内容が明示。迷うところはないかと。

2.

第2~3パラグラフの内容から選択肢を一つ一つチェックすれば問題なく解答できる。迷うところはないかと。

3.

第6パラグラフの内容から選択肢を一つ一つチェックすれば問題なく解答できる。これまた迷うところはないかと。

4.

第7パラグラフの内容から選択肢を一つ一つチェックすれば問題なく解答できる。これもまたまた迷うところはないかと。

5.

第10パラグラフ、または第13パラグラフの内容から判断。第10パラグラフには最上級の”the best”、第13パラグラフでは”No other”が使われている一方、選択肢のアには”any other”が使われているので比較の文法知識を用いてこれらが同意であると読み取れるかがポイント。

6.

第15パラグラフの内容から容易に選べるはず。

7.

第17~18パラグラフの内容から容易に選べるはず。

(2)難易度:易 記述

20~30字の記述。「何を競わせようとしているか」は第16パラグラフあたりを読めば明確。どちらが勝ったかに関しても迷う人はいないので以下の2ポイントを入れて記述しましょう。

  1. カエルの跳んだ距離を競う
  2. “stranger”(見知らぬ人)のカエルが勝った

(3)難易度:標準 英作文

5~10語の語数で本文の最後の空欄を埋める形で内容をまとめる英作文。

”Please tell me what happened to you while I was away?”

に答える内容を書かなければいけないので”Webster”が”sweet  water”を飲み過ぎたことを軸に構成。※あくまで”Webster”のセリフなので主語や時制は直接話法で書くことに注意

I drunk  too much sweet water.

これで十分かと思いますが、あくまで悪いのはあの”stranger”だと言いたいならば”sweet  water”に形容詞節で”the stranger gave me ”をひっつけたら学校発表の模範解答。

I drunk  too much sweet water (which/that) the stranger gave me .

あくまで「何が起きたか」を書かないといけないので「なぜ」に答えるような文を書かないようにしましょうね。

(4)難易度:標準 自由英作文

本文のお話の続きを40~50語の自由英作文で書く問題。

この傾向はよく見るパターン。私も将来を見越してたった今小学生にこういう発想ができるよう読書会で同じ課題を出していますw