【高校生の英文法】ネクステ系を周回する前に4択問題の勉強法

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

 

そろそろ高2はネクステやアップグレードを学校から渡された頃でしょうか?高3は今2周目、3周目を解いている真っ最中?
ただこの分厚い問題集、やり方を間違えると時間の浪費。できればやればやるほど意味がある正しい勉強法でやりたいものですね。
ということで今日は久々の長編ですが、私の英文法指導についての理念が詰まっています。文法なんて覚えるだけやし自分でやれとか言っちゃう先生との違いを理解していただければ幸いです(笑)

 

4択問題で学ぶ英文法の難しさ

今日は大学入試英文法の定番問題である”4択問題”の勉強の仕方について簡単にお話しします。

高校1年生の文法テキストですと色々な形式の問題が並んでいます。適語補充や語句整序、同意分の言い換えなどですね。これはいろんな角度から単元の文法について学んでもらうための意図でしょう。

ですが、1年で英文法を学び終わり(学び終わらない高校はヤバイので気を付けてくださいね^^;)、2年になるとそっと購入させられる分厚い文法問題集ではなぜか4択問題だらけ…。

学校で購入するとなるとこの辺でしょうか。

問題集によっては4択以外に語句整序や文法的な誤りを指摘する問題形式も掲載されていますが圧倒的にこの4択問題がほとんどのページを占めることになります。

で、これがいろいろと厄介。

選択問題はどれか選べば解答になってしまう問題形式。そこに”考える”がないと問題とその答えを暗記するだけの作業になりがちです。

世間ではネクステ3周なんて言われるのですが、「3周して答えおぼえた」では意味がない。だって入試では同じ問題は出ませんからね。

もっと言うとこういった問題集は緩く単元がまとまって掲載されているので流れで出題者の意図と言いますが狙いを推測しやすい。

そうなると”勘”の良い子ならわかっていなくとも答えが見えてしまうわけです。

でもこれも意味がない。だって入試では完全ランダムなんですから。

では4択問題なんてやらない方がいいのでしょうか?

私の答えはそうではありません。

ずばり4択問題の演習を文法理解につながるように意識して行うことで後の精読や、英作文へとつながる文法的観点を養うことが可能です。

なお、私は自分で言うのもなんですが結構この4択問題で文法を教えるのが上手い方ではないかと。生徒にもよりますが基本ネクステ系は周回させることなく(なんならやらせずに)センター第2問くらいなら満点とってきます。

ポイントは問題丸暗記にならないようにしっかりとひとつひとつの問題が要求する知識とそれを見抜くための文法的な視点を鍛えること。

そのためにはセンター第2問レベルくらいなら分厚い問題集は不要かなと。

ある程度文法単元がまとまって出てくるのがいいなら

完全ランダムなら

これくらい薄いものでも十分かなと。もちろん同じように正しいやり方で取り組むなら量をこなす方が勝ちますが、どこまで自分に必要かを考えて勉強時間のマネージメントはしてほしいなと。

ですのでSOILではこの辺の”薄い”やつを使って各自が取り組んでいる文法問題集でのインプットがしっかりなされているか、そしてちゃんとそれをアウ