中学生がテスト前にやってはいけない勉強法 その1「読むだけ勉強法」

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

もはや原型をとどめてはいませんが、このシリーズは私が前のブログを書き始めた最初期のもの。テスト前道場という名のテスト対策を行う自立学習の場で中学生に対し常々注意してきたことをシリーズにしてまとめてみたいと思います。決してテスト前だけのお話ではないので日々の勉強で意識していただければ幸いです。

中学生のための勉強法ですが、小学生でも高校生でも当然同じです。またテスト前とはなっていますがいつだって勉強するときは同じように気をつけて下さい。

勉強法のカテゴリーには入れましたが完全に保護者さん向けかなと。

あくまで私がテスト前に生徒に対して教科書を読むことに対してどのように考えながら指導しているかを感じていただければと思います。「今教科書を読んじゃいけない」という一言の裏に、これくらいの思いを込めています。そしてそれが伝わるように言葉だけでなく指導していきます。

だからテスト前に自宅で自分でやるのと、テスト前道場に来て勉強するというのでは全く違うのです。保護者さんにはこの記事でこのことを分かってご理解いただければ幸いです。

「生徒向け」という意味では「やってはいけない勉強法」シリーズがすべて終わった後で最後にまとめた簡単なものを作ってみたいと思いますのでそちらを。

 

やってはいけない勉強法その1「読むだけ勉強法」

教科書を読むことの大切さ

「教科書を読むだけではいけない」というと「教科書は読まなくて良い」と捉える子たちがいます。

この時点でこの子たちには読解力など欠片もないことがよくわかります。

言われている事に対しその表層だけをとらえて(自分に都合の良い部分だけを聞いて)別の意味に解釈している点。ズラしちゃうんですよね。これから「やってはいけない」シリーズをご紹介していくわけですが毎回この見事な「ズラシ」技が登場します(笑)

「読む”だけ”ではいけない」と言っているのを「読まなくていい」と捉えるのはまさにそれ。読むことにひと手間加えろと言っているのを減らそうとする思考。

勉強法の目的を完全に見失っているわけです。

そもそも何のために教科書を読むのか?それすら理解せずに読んでいる子がいる。

だから試験前日になって教科書を読み始めるわけですよ、いや、”眺めている”が正しい。問題集は?と聞くと「出来ないからやらない。」、ひどい場合は「やったほうがいいですか?」となるわけです(^_^;)

これが以前お話した勉強法をお話する以前の土台ができていないことの象徴的な例だと思われます。

土台のお話はこちらを参考にして下さい。

【保護者さんへの手紙】勉強法を教えてくださいの件
「勉強法を教えてくれる塾を探している」保護者さんから一番よく聞くセリフ。ですがこれには実は大きな問題が潜んでいます。

目的意識がないのです。

教科書を読むということは全ての勉強の基本であり、スタートである。教科書に始まり教科書に終わると言っても過言ではないでしょう。

しかし残念ながら勉強の土台が出来ていない子なら、今なんのために教科書を読んでいるのか、いやそれ以前に、そもそもなんのために机に向かっているかすら分かっていない状態です。ただひたすらに塾での時間、テスト前の「勉強しなさい」と言われる時間をやり過ごすかしか考えていない。

勉強を”やっている風”に演出してくれるもっとも楽ちんな方法、それが教科書を読むになっている

この場合、残念ながら頭のなかは全く動いていない。負荷が0の状況。読むというより、まさに眺めているだけ。これは当然教科書だろうがテキストのまとめページだろうが当然同じこと。

もちろん勉強ができる子は試験前日に教科書を読む子もいるでしょう。それは全てをやった上での最終確認のため。自分がこれまでやってきた勉強に穴がないか確認しながら理解を強化するため。つまり教科書を読むことに目的がある。そして当然彼らは教科書(もしかしたらそれは塾のテキストや参考書かもしれませんが)を全ての勉強のスタートの前にこなす。

それが本来の「教科書を読む」ということ。「読む」ことで「頭が動く」わけです。

では教科書を読んでどうやって頭を動かせばよいか、そして何を学べば良いのか?

これは難しい。一言では言い表せないし、それがわかるようになるために勉強していくという面もある。

あえて言うなら勉強の最初に教科書を読むとすれば、それは今から何を学ぶかを知るため。当然テスト前だとすれば学校の授業をうけた後なのでそんなことはすでに頭に入っているべきであることは当然ですが、その散らかった頭の中を教科書を読みながらつなげたり、わけたりと整理して、ボックスにラベルを一枚一枚貼りながら収納していく作業。

つまりインプットして知識を体系化し理解していくこと。

それが教科書を読むということかなと。もちろんそれだけではないですが。

これが本当に難しい。しかしこの力がついてくると、本当に教科書を読むだけでたくさんのことを学べるようになります。大学に行くまでにこの力を身に着けていることが理想です。

 

教科書が読めない子どもたち

しかし勉強ができない子たちに多いのがそもそも教科書を”読めない”子。どれほど読めていないかがよく分かるのがこちら。

この本に対しては色々思うところもありますが、とりあえず教科書が読めないとはどういうことなのかは保護者さんに分かってもらえるかと。

最近Twitterで読解力の問題が話題になったのがこれ。

待望の最新刊発売。

この漫画、子どもたちよりも私達世代(20代~40代)の方がファンが多い。とにかく連載中断が多いこの漫画ですが…めちゃめちゃおもしろい!ところがこの漫画読む人を選びます。

 

しばらく完全なる余談です。

今日Twitterをしていて気がついたこと。

 

似てません・・・?(笑)

そのハンターハンターのグリードアイランド編に登場する通称ボマーこと「ゲンスルー」さんです。そういや髪型、メガネ、細い目、そしてアゴ…実際結構似ているのではないか説が…(もうちょっと痩せないとあかんかな)。

ゲンスルーとは [単語記事] - ニコニコ大百科
ゲンスルーとは、冨樫義博原作の人気漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物。愛称はゲン。 概要 眼鏡を着用した長身で細面の男。 初登場は「No.130:勧誘の理由」(単行本14巻)。ニ...

この人ったら触れたものなんでも爆破しちゃう超怖い人。ということでこんな吹き出しを作ってみました。

怒りそいる
怒りそいる

ちゃんと勉強しないと爆破しちゃうよ?


かずや先生に言われて気が付きましたがゲンスルーの技の名前が「リトルフラワー(一握りの爆薬) 」なんですよね…。

いやまさにこれやん!とテンションが上がってしまいましたとさ。進学塾ゲンスルーにするか?

ハンターハンターをご存じない方には申し訳ありませんが、教養のため国語の勉強のためにいかがですか?