そいる塾長のおすすめ国語の参考書「大学入試 古文単語速読マスター500」

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

こちらのカテゴリーでは進学塾SOILで設置・使用する教材のうち市販されていてかつ自学自習でも役立つ参考書・問題集などをご紹介します。どちらかというとレビューというよりは私がどうやって使わせたいかが強く出るかと思います。ちょっと違った使い方をする場合もあるかと思いますし、あくまで私の管理下で使ってもらう前提での話ですのでご自身で使用されて同じ効果が出なくてもやんや言わないでくださいね(笑)

今回も一応書いておきます。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

今回紹介する古文単語帳は私が受験生なら100%買う一品です。激押しです。

 

大学入試 古文単語速読マスター500

第1弾のこちら↓に引き続き、またまた村上翔平先生ですね。なお村上先生は早くも紹介するのが2冊目。
https://soil19.com/recomend1
こちらは先ほどの「高校生のための英単語の暗記法」のおすすめ英単語帳でも紹介した「速読英単語」の古文版というのが一番わかりやすいでしょうか。

こちらもSOIL生は必携となる予定の一冊。

 

 

 

全体外観

全60題の左ページに古文、右ページに現代語訳の見開きの構成。序盤は中学レベルの有名な作品の文章からスタートし、最後は入試レベルまで段階的にステップアップしていきます。

速読英単語同様、左の古文ページで暗記すべき単語が赤字になっており、それに対応して右のページの訳文でその意味が赤字で表示。そしてその単語の詳細や語義など暗記すべきポイントが詳しい例文とともに一般的な単語帳のように次のページに見開きで掲載されております。

後でまた詳しく書きますが私の一押しポイントはここから。

 

本文と訳のそれぞれのページの下段に掲載されている☑Check Pointというコーナー。本文には赤字になった古文単語以外に各所に番号が振られています。ここでその番号に対応して文法事項やその他のページで掲載されている重要単語が掲載されており、繰り返し登場する単語を自然と反復練習できるほか、文法事項をはじめとする重要ポイントもしっかり確認できます。
例えば左ページ下段に【36【助動】す】のように掲載されており、右ページにはそれに対応して【使役「させる】のように掲載されています。これが最高です。詳しくは続きをお読みください。

☑ どんな人におすすめなのか

ひとまず古典文法が一通り終わったよという方におすすめ。
古典文法はこのへん↓でひとまず十分かと。

 

 

【☑Check Point】が最高

私は個人的に古典文法と古文単語は”基本的なところ”だけしっかり押さえて6~7割くらい完成させておいて、後は本文読解をやりながら固めるべきだと考えています。

その理由は、古文は文脈にかなり依存する部分が大きいからです。文法の識別もかなり文脈で判断する必要がありますし、単語も多義語が多く文脈判断する練習は不可欠。この辺が英語よりもきつい科目だなと。

ちなみに古典文法と古文単語の絶対に最初に抑えておくべき”基本的なところ”というのはこの文脈によらない部分とでも言っておきましょうか。活用や接続、基本的な用法なんかは覚えられへんのやったら受験やめなさいレベルです。多少のコツはありますよ。ですが覚えられへんというのは違う。最後は覚えるねんと(笑)

それ以上に、文脈に関係なく100%(近く)判断できる識別法なんてのがこの”基本”には一番良く当てはまると思います。例えば推量の助動詞「む」は主語が1人称で~といったやつですね。

ただその辺も、もちろん後の問題演習時に繰り返し何度も出てくるので文法問題集の演習でパーフェクトにしようとせず、多読を通じて固めていくイメージで取り組んだ方が良いかと思います。

覚えるべき分量が英語に比べると圧倒的に少ないので(言うても日本語なんでね)、英語以上に早めに多読に入って読みながら固めていってほしいというのが本音です。

そういう意味でこの「大学入試 古文単語速読マスター500」は最高。

単語の意味だけでなく重要となる文法事項など読解で必要となるポイントが下段に掲載されている☑Check Pointでしっかり明示されています。
私がこの単語帳を即買いした理由は何よりもここです。
全文品詞分解するわけではなく、教える立場からすると「ここ分かってますか~?」と授業で聞きたくなるポイントが押さえてあるんですよね。

全文品詞分解だとダメなんですよね~。どれが大事か分からんので。とにかくいい感じでピックアップしてくれているので、ここで書いてあるポイントだけしっかり理解したうえでちゃんと訳出できているかを確認していれば、それだけで単語力・文法力・読解力のすべてがかなり向上すると思いますよ。

☑ どういう使い方をすればよいのか

ということで、ステップアップノートで文法をさくっと!(やる気だしたら1週間で十分終わる)→「大学入試 古文単語速読マスター500」(一日一分で2カ月で終わる)→過去問でセンターレベルなら基本行けるような気もしないではないです。

ただ独学だとどこが抜けているかも分からないので危険回避のため適宜補ってほしい参考書を紹介しておきましょう。あくまで「大学入試 古文単語速読マスター500」は単語帳なのでね。いくら良くできていても何もこれ1冊で古文の勉強を終わらせる必要ありませんから。

ただ今回は「大学入試 古文単語速