スポンサーリンク

「手は外に出た脳」手を動かす勉強法4つのポイント

中学生の勉強法
そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

本日の勉強法は簡単。もっと勉強するときに手を動かしましょうというお話です。最近、教えてて思うんですけど、授業中にペンを持たない生徒が増えているなと。そしてペンを持つか持たないか、ということと学力には相関があるように思えます。勉強ができない人、思考力がない人ほどこの手を動かす勉強法が必要になります。ということで今回はそんな勉強法のポイントを4つお話します。

 

その1:ペンを持たぬ者は授業を聞かぬ者

私は小学校6年生の担任の先生は空手の師範代の人で、遅刻した生徒に上段回し蹴り(大丈夫、寸止めです。)するような強面の先生だったし、通ってた塾も体罰上等の怖~い塾だったので、授業中の緊張感が半端なかったです。

体罰や恐怖政治(授業)を正当化するつもりは全くないんですが、授業中の緊張感は今の子達より何倍もすごかったんだろうなと思います。学校が荒れていなかったのもあるかなと。

こんな感じの生徒もちゃんと授業中座ってましたから。

私の場合そういう怖~い先生が、授業中は鉛筆を持てと指導してくれたおかげで人の話を聴く時は(例えば只今大忙しの保護者面談の時なども)、かならずペンを持って聴く癖がついています。

ちなみに「ペンをおけー!」って先生が言った時はだいたい”しばかれる”前兆ですw

ではなんで授業中にペンを持たなければいけないかといえば、まず第一にいつでも有用な情報をノートに取れるからです。

学校の指導の影響ですかね。

ノート提出みたいなことはさせる割に授業中のノートの取り方は教えていない。そりゃカラフルで凝ったノートを高評価するような先生はそもそもご自身がノートの取り方を理解していないわけで、もしかすると先生がノートは板書を写すもの、教科書をまとめるためにあるものというように思っていらっしゃるのかもしれませんね。

一つたりとも重要なポイントを聞き逃すまいと言う姿勢。逆に板書されていようが教科書に載っているようなことを写す必要性は私は全く感じないのですが。ノートの取り方は少しこちらの記事で書いたのでどうぞ。↓

授業中にお手々がお膝の上にのせてしまっている子は、その情報を自分のものにしようとする気がそもそもないようですね。

もしくは聞いてるだけで自分のものに出来ると信じているか。いつからそんなにかしこくなったんだい?と言いたくなりますがいつからというよりそれが勉強だと思っているわけです。

そのとき聞いてわかったらそれが「できる」と同意であって、後から復習する気がない。実際授業で聞いているときなんて数分後にはその内容を忘れている可能性だってあるんですが。

もちろんそもそも聞いていない、という可能性もありますね。

ノートをとるということが自分のフィルターを通してメモをするというよりも完全に「写す」という行為のために板書やノートがあると思っているわけです。もちろん先生が「今は書くな、聞句ことに集中しろ!」ということもある。私も言います。ノートを見ていたら黒板見えませんからね。

「書く」ことが目的になってしまって「聞く」「見る」が疎かになってしまってはそれこそインプットされるべきものがインプットされなくなるわけです。

と考えると先生が授業中生徒のペンを机に置かせること自体はそれで良いのですが、しかしずーっと1時間それが続くとなるとやはり問題。その間耳から入る情報と板書を見るという目から入る情報だけで小中学生が処理しきれるとは到底思えないんですよね。

板書なんて最初からプリントにまとめて配っておけば良い。という先生もいる。最近ではパワポのスライドでポンポン進めた方が効率が良いとする先生も。この辺はそういう面もあるとは思うのですが生徒の頭が動いているかはしっかり確認しないとね。

手を動かさせないではたして本当に生徒の頭が動いているのか?ということです。

ペンを持ち常に先生が言うことを自分のフィルターを通し、これはノートにアウトプットしておくべきかどうかという判断をさせていくことができるように授業をつくらなければいけませんね。

そして手が遊んでいると意識が他のところに行きます。

手遊びをする子は間違いなく集中力のない子。

授業中だろうが、自習中だろうが自分の指を眺め、爪をいじっている子。残念ながら確実に成績が悪い。クラスの授業を見ればこれをやっている子の人数でそのクラスのレベルが分かってしまうくらいにわかりやすい相関があるように思います。

発達障害など様々な問題が絡む場合もあるので簡単な話ではありませんが、少なくともペンを持ってペン先に意識がいくようにすべきです。

そういうとなかにはペンを分解して遊んでしまう子もいるわけですが・・・。

 

まとめるとペンを授業中や勉強中にペンを持たない人は情報を取ろうとする意識が弱いのだと思います。

 

その2.なぜ頭だけで考える?

「手は外に出た脳」なんて言われます。

脳と手の関係はやはり科学的にも緊密なようです。興味のある方はこちらを↓

手と脳

算数や数学が出来ない方に多いのも、このお手々がお留守になっている子。

数学の問題が解けずに質問してくる子の多くが、真っ白な状態の問題を持ってきます。

文章題を読んで「わからん」と言って腕組みして悩んでいる子。

おい、まじか!?

数学の文章題なんて読んだだけでは俺様でも解けんぞ(笑)

なんで図にするとか、数字をまとめるとか文章から情報を抽出しない?図形問題を図を書かずに考える子もいて、驚かされるばかりです。

私からするとそんなことは天才の所業。ところが手を動かして考える癖がついていなければそれが当たり前のことなんですよね。

「ひらめく」という言葉が悪いんでしょうか。そういう子は何かぱっと答えが下りてくると思っている。

「めんどくさい」というのもそりゃあるんでしょうが、私の感じるのはそれが普通だと思っている。そこに悪意はない場合です。

例えるなら料理というのはレンジでチンしたらできるものと思い込まされている感じ。だから材料を鍋に突っ込んでレンジに入れて腕組をしながら待っているんです。

あれ…?あと何分待ったらカレーができるの?みたいに。

 

とりあえず、わかることから手を動かして書き出してみることが大切。図形ならわかった長さや角度をとりあえず書き込んでみよう。補助線なら当てずっぽうでもとりあえず引いてみよう。

手を動かして頭の中にある情報を書出してみると、アウトプットしたその情報量分の分だけ脳のメモリーに空きが出る。

だから次の一手が考えられるんです。

出来る子はそうやって思考します。頭のなかで全部処理しているわけではないです。

将棋で10手先が読めるなんて達人じゃないですか、だからまず一つ駒を動かしてみる。そこから次の手を考えるのです。それを繰り返す中で2手先、3手先が見えるようになる。

これが複雑な思考をできる理由です。

自分が出来ないと思っているなら「手」の力を借りるしかないです。

 

その3.読むときにもペンを

例えば、出来ない子の国語や英語長文の課題文のページはめっちゃキレイ。何も書き込まれていない。
これは完全に目だけで情報を取ろうとしています。
出来るわけないのに。
できる子の問題用紙には必ず色々と書き込んである。
重要な部分にマークがしてあったり、対比関係を図式化してあったり、複雑な構文を記号で区切っていたり・・・。これも情報を可視化するためです。
教科書の大切な部分に線を引く…確かにこれも同じと言えば同じなんですが、ちょっとだけ注意しておきます。この場合は後で暗記するという必要があります。線を引いて何が大切か「可視化」したならちゃんと後で暗記しようね。
なんか既読マーク付ける感じで線を引く人がいますがそれはあなたの思考の可視化ではない。ひどい場合、太字になっている語にひたすら蛍光ペンで線を引く子も。いやもう太字になっているんでそこが重要なのは可視化できてるんでね^^;
そしてもう一つ。
たとえ簡単な文章であったとしても「うす~く」線が文の横に引かれていたりします。これは何の痕跡かというと、シャーペンの先で文章をなぞりながら読んでいるんですね。
こうすることで、一気に読みやすくなります。集中力倍増で大幅にスピードアップします。
長文を読んでいると何度も同じところを読んでしまうような人や意識が飛んでしまう人には激しくおすすめします。
ひどい子は、テスト開始の合図とともに問題用紙を開いてお手々をお膝に置いちゃいますからね。
そりゃ読めないわね。ていうか寝るね。出来る人は書籍や資料を読むときにはペンを持っている。そんな映像を何かのドラマとかで見たことはありません?

ビジュアル的にもペンを持っているとイケてる感じになるので、まずは格好だけでもやってみましょう(笑)

 

その4.書いておぼえる

単語のスペルや漢字はそもそも書くもの。

そもそも五感を使うほうが脳科学的にも暗記はしやすい。

ものによってはやっぱり書こう。
読んでるだけだと覚えられないとか言うならさっさと書けよと。いや音読したほうが覚えられる・・・。じゃあ音読しながら書けよと。
手を動かそう。少なくとも集中力は増しますよ。
ただちょっと言っておきますとね…「こんなに書いてる俺、めっちゃ勉強しとるやろ?」的アピールはやめましょう。
何のために書いているのか見失うとね…。ちゃんと本来の目的を見失わずにやっているなら良し。ただ頑張っている感を出したいなら今すぐやめた方が良い。時間と腕の筋力の無駄。
サッカーや野球で汗水たらして頑張っていると上手くならなくても確かに女子にモテるかもしれない。しかし青ペン何本使い切ったかを隣の席の女子にアピールしてごらん?
・・
・・・

メンタルやられるからやめておきましょう。

 

おまけ.ペン回し

ペン回し出来ますか?

こんなモンできなくていいですよ。何なら授業の邪魔。

でもね、ず~っとつまらん授業聴きながらペンを握っててごらんなさいな。

そりゃあ・・・まわしたくもなるよね!(笑)

ペンダコとペン回しは偏差値に比例するとかしないとか(笑)

それくらいペンを常に手に持っていてほしいのです。
しかし絶対に授業中にペン回しはいかん。教えている人に失礼だし、何より回すことに集中して授業が耳に入らない。そしてないよりペンを落としたりすると大きな音がして周りの迷惑です。
だから…

ペン回しをする条件

  • 音がならない(カチャカチャ言わない)
  • 失敗して落とさない
  • 無意識レベルで回せる
やるなら芸術レベルにまで高めてやれぃ!
ということでペン回しの技を紹介しておきます(笑)

すげえな。うん、こりゃ勉強してねえわ(笑)

授業中に練習するんじゃないよ。(するなと言われるとしたくなるんですがね。)
私の授業中にペン回しするやつには「落とした時に殺される覚悟でやれ」と言っています。
落とすといちいち「ガチャン」て音がしてウザいので失敗したらマジで(以下自粛
かくいう私も超怖い先生の授業でペン回しする時は覚悟を決めてやってました(やるんか~い!笑)

あと回すときはカチャカチャ音が鳴らないやつをちゃんと選びなさい。重さがあるずっしりしたシャーペンを使ってましたね。

この辺やりやすそうですね(笑)

まあペン回しはどうでもいいんです^^;
ペン回しの練習したくなるほどペンを常に手に持ってみて下さい。
絶対勉強の習慣が変わります。

 

最後はふざけましたが以上、ペンを持って手を動かすことの大切さをお伝えしました。
今日はこのへんで。

コメント