京都公立高校中期選抜の【傾向と対策】

そいる塾長
そいる塾長

どうも、そいる塾長です。

本日は京都公立高校入試(特に普通科)の本番ともいえる京都公立高校中期選抜について。まずは【傾向と対策】ということで中期選抜の特徴と攻略法を解説します。前期が終わったら中期の対策をするわけではないので特に公立普通科志望の方は今からしっかり対策を!

こんなのが届きましたので急遽過去記事をリライトしてまとめました。

例によって細かい入試の情報をコピペしてもしょうがないですので、要項には書いていないことや書いてあっても細かすぎて伝わらないところを何回かにわけてポイントを書いています。

ちなみに前期選抜関連のお話はこちら。

いつも通り基本的な仕組みはこちらの教育委員会のページでご確認下さい。

中期選抜の特徴

中期選抜では内申点が195点(5教科3年分+副教科3年分×2)と当日の入試の合計点200点とほぼ同等の扱いとなります。

よって入試当日には合否が半分決まっているようなものです。

音楽など副教科の評定をどこかで1上げれば、入試当日数学で正答率が10%以下の難問を解いて2点稼ぐのと同じことになります。

まだ1年生や2年生なら副教科を頑張るべきなのは言うまでもありませんね。

だから京都では3年時に私立入学を決断する人が多い。頑張るよりも入試の”仕組み”を変えたほうが早いと言うような判断がおきてしまいます。

だって3年生になってやる気を出しても公立高校は受け入れる気がないのですから。

そのための前期ということなのでしょうが、それならもう少し前期は尖がってもいいのではないかと。

正直私がお話した限りでは高校の先生もこの内申点に意味を見いだせないでいる様子。多くの私立高校が入試当日この内申点を加味しないところをみれば明らかではないかと。

京都の公立高校が本当に優秀な生徒を獲得したいなら仕組みを変えるべきではとも思えますね。

※なおあまり気にしなくていいですが中期選抜の合否判定の仕方が単純に足し算した合計点勝負というわけでなくややこしいのでそれはまた別の記事でまとめます。

 

中期選抜の傾向と対策

全体的(特に国数英)に入試制度が変更されてからやや難化傾向にありましたが、数学の易化傾向によりここ2年は落ち着いている。

その他問題レベルだけでなく、説明問題が増えるなど多少の問題形式の変化がありました。

数学の易化傾向は顕著ですが英国は一昔前よりも断然高得点(8割以上)が取りづらい状況は継続中。

過去問演習の際はそのあたりを注意して、あまり古い問題を解いて簡単だと勘違いすると困りもの。そういう意味では過去問と合わせ市販の予想問題なども演習しておくべきかと。

2年前(2016年度入試で)、数学の問題レベルを上げすぎてから、この2年で落ち着かせた感じがありますので中期の数学は今年もそこまで暴れないかとは思います。

あの時は数学の難易度が他科目に比べ差が出すぎていました。お偉い先生方もネットで批判したりしてましたし、流石にあれは失敗だったかなと。

ただ内申点が重視の中期選抜では、これまでの入試問題では当日の逆転が難しかったのですが、難化すると少しは当日の逆転に希望が持てる人も増え、良い傾向だと個人的には思うのですが、昨年の問題レベルを見るとやはり内申が大切ですね。

中期選抜の問題レベルは前期選抜よりも確実に易しいレベル設定です。

とはいえ逆に内申点で逃げ切ろうとしている子が当日あまりにやらかすと一気に逆転されてしまうので注意が必要です。

基本問題をどの科目でも絶対に落とさない学習が大切。

 

中期選抜攻略法

基本的に入試というのは闇雲に努力するだけではダメです。作戦をしっかりたてていきましょう。

そのためにもまずは、自分の学校の合格ラインを見抜く必要があります。もちろん京都の公立高校はそれを発表しないので、様々な塾がブログなどで予想ラインを立てています。

ただこれは、大抵模試会社さんの追跡情報などをもとに行っているだけ。

ということでこちらの大阪進研さんのサイトを参考にしてみてくださいね。

それでもサンプル数は全体には及ばないのでアバウトなラインとなります。

当然毎年倍率も違いますし、何より問題レベルも違うので信頼し過ぎは禁物です。

紫野、鴨沂、朱雀なんかは特に倍率だけで合格最低ラインが大きくかわりそうなイメージなので、志望校調査が発表されてから倍率を見てしっかり相談した方がいいです。

ただし第一次調査の結果見てウホウホ言いながら飛びつくと本番の倍率見て大事故を起こしかねないのでご注意を。考えることは皆同じです。

また合格ラインのお話などは別の機会に!